ゲーテの名言・格言|いちばん幸福な人間は、自分の家庭に平和を感じられる人

王様であろうと、農民であろうと、自分の家庭で平和を見出す者が、いちばん幸福な人間である。

ゲーテ の経歴

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。ドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪。『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』『ヘルマンとドロテーア』『ファウスト』など多くの名作を残す。文筆家としての活躍と同時にヴァイマル公国の宰相としても実績を残した

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

管理職は判断するのが仕事。ポジションが上がれば上がるほど判断の機会も重要度も増します。適切なマネジメントを行なうために、正しい判断ができるようになることは必須でしょう。

新しいことはトップが直接やらないと。企業文化が変わらないんですよ。社長の僕がいままでの広告事業を見ていたら、そっちの考え方が正しいということになります。僕がメディア事業に集中すれば、それが正しいということになる。

情熱は別の言い方をすれば、関心を傾ける集中度が高いということです。ウェルチ氏の場合これが、まるでレーザー光線のよう。その傾注ぶりが並外れて強いという点に特徴があるのです。ゴルファーならわかるでしょうが、彼はその職業人生で、一度としてボールから目を離すことがなかった。

ビジネスモデルに裏打ちされないコンテンツ表現は、継続的にならないという意味でそれは無価値である。だが一方で、「数値化されるものを追い求める」だけでは、かえってコンテンツの発展、さらにはビジネスモデルの永続性を脅かすのではないかと考える。「面白いもの」という数値化されないものと「数字を残す」という数値化されるものの間を、行きつ戻りつ漂うものがコンテンツである。

私は仕事をする上で、「価値を変換する力」を大事にしています。ユニクロのときもファッションと生活文化の新しい価値を創るつもりでブランディングをしていました。価値の変換に立ち会えるというのは、代え難い体験ですよ。

PRの切り口は様々です。「そんな宣伝はうちのイメージに合わない!」と硬く考えず、商品やサービスのイメージを膨らませると、効率のいいPRにつながります。

人脈作りとは自分の価値を棚卸しして、自分を磨いていくことです。また、格上の人物と触れ合うことで、さらに成長を遂げていくチャンスでもあるのです。

人は成功すると現状に満足し、危機意識が崩壊します。悩むべきことについて悩まないまま過ごしてしまうのが、成長企業の落とし穴です。成功に溺れ、傲慢になります。そのため見過ごしてきた多くの問題によって、のちにトラブルを抱えることになります。

規模が大きくなっても質が伴わないと意味がないという声もよく聞くが、コンビニの世界は量と質は切り離せない。量があるから質を追求できる。商品の開発でも取引先メーカーに頼みやすくなり、さらなる質の向上が見込まれる。

僕はバルセロナ五輪の10日前、練習中に左膝じん帯損傷を負いました。全治3週間……。試合当日まで稽古もできず、ずっとベッドの上で過ごしました。でも、負けるとか、ダメだって気持ちは一切なかったですね。4年間、本当に嘘のない努力をした積み重ねがあって、いろんな人にサポートしてもらって、家族の時間も犠牲にしてきて、お金も使って、その直前になにかアクシデントがあったとしてやめますか? やりますよね。誰でも同じ道を選ぶと思いますよ。

ページの先頭へ