梅原一嘉の名言|「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない

一番大事なのは、自分がやりたい事業、情熱を感じる事業を手掛けること。「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

アダルトビデオの制作を始めた時は、ビデオ店への売り切りが常識だった業界の中で、あえて委託販売を行いました。当然、売れ残ったビデオは返品されますが、その数でどんな内容のビデオが売れたかを分析、売れるビデオを制作しました。分析によって返品率が減り、売れるビデオも増えてきました。

日本電産「圧勝の三条件」

  1. 市場には一番に参入する。
  2. 技術優位性で勝つ。
  3. 低コストである。

USJの復活、成功は奇跡でも偶然でもありません。理由はたった一つ、マーケティングを重視する企業となったことです。かつて新規事業の成功率は30%でしたが、今は97%にまでなりました。

言葉について常に慎んでいなくてはならない。一言聞かれても、その人の心は他に知られるものだから、注意せねばならぬ。

成功者に多い「訥言敏行」な人は、性格的にせっかちと言えるかもしれません。逆に言えば、のんびり屋で成功している人を私はあまり見たことがありません。

ビジネスとは投入したコストに対するリターンを明らかにし、その損益の差を分析したうえで、戦略を立て実行していくものです。コスト効率や財務諸表を読みこなすことができれば、取引先との折衝に役立つだけでなく、人事などの管理部門でも具体的な数字を用いて戦略提案ができる。自分自身の作業効率もチェックできる強力な武器にもなります。

「話題」とは、意識的に拾わなければ集まらないもの。通勤途中や街中を歩く時、ポケーッとしているようでは話題の貯金はなかなかできない。

月に一回は必ず静かな時間を確保して、計画の進捗状況をチェックします。それに合わせて目標の数値を変更したり、目標や計画を修正することもあります。

意志決定をする際、まずいつまでにその意思決定をしないといけないかを確認します。それがわかれば、ぎりぎりまで情報を集めます。それも、できるだけ一次情報を重視します。余裕があれば、実際の現場を自分で見に行ったり、関係者の意見を聞いたりします。

ページの先頭へ