梅原一嘉の名言|「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない

一番大事なのは、自分がやりたい事業、情熱を感じる事業を手掛けること。「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やる気になれば企業は変われる。

森信親の名言|やる気になれば企業は変われる


どの企業でも、優れた経営者は経営理念をしっかりと事業の中心に据えている。創業者が経営理念を打ち立てて、それを連綿と受け継いでいく。

松下正幸の名言|優れた経営者は経営理念をしっかりと事業の中心に据えている


経営者は、自分はもちろん、社員に勉強させなければいけないと思います。本当に社員のことを考えて厳しく鍛えていかない限り、いい会社にはならない。

朝倉千恵子の名言|本当に社員のことを考えて厳しく鍛えていかない限り、いい会社にはならない


お金の管理は、基本的なことですが、家計簿を付けるのが一番です。ただし、毎日となると大変。月一回、シンプルな形の家計簿を付けていけばいいでしょう。これによって、一カ月の収支がプラスかマイナスかが分かります。また、項目ごとの支出を把握することで対策も立てやすくなる。体重管理と同じで、状況が可視化されるとモチベーションも上がります。

菅井敏之の名言|状況が可視化されるとモチベーションも上がる


英単語の暗記を苦手に感じる人は多いようですが、そもそも暗記という方法は有効なのでしょうか。私はそうは思いません。英単語や英文の丸暗記が有効なのは、記憶力の旺盛な中学生くらいまでです。私は、英語は暗記科目でなく「納得科目」であると考えています。無理矢理に頭に詰め込むのではなく、理解することで初めて身につくのが英語です。言い換えれば、基本的な英文の構造や単語本来の意味を理解した方が頭に残りやすく、その後の応用も利くようになります。

西澤ロイの名言|英単語や英文の丸暗記が有効なのは、記憶力の旺盛な中学生くらいまで


情熱は不思議と運をも引き寄せ、不可能だと思っていたことを可能にしてしまう力を持っている。

松田公太の名言・格言|情熱は不可能を可能にする


サービスとしてお金をいただくこと、そしてリピーターをつくり、事業を継続させていくことが重要だと考えています。継続していかないと、学びとして意味がないからです。

水野雄介の名言|事業を継続させていくことが重要


仕事の締め切りでルーズな人は、お金の面でもルーズなのではないかと判断されます。成功している人ほど人を見る目は厳しいものです。いい人間関係を築くためには、それを求めることと同時に自分を高める努力が必要だということも肝に銘じてください。

大塚寿の名言|人脈を築くには自分を高める努力が必要


ファクトを押さえるためには、絶えず知識・情報の幅を広げ、深く耕しておかなければなりません。その知識や情報を組み合わせ、そこにはどういう意味合いがあるのか、自分なりの仮説を立てるのです。そしてその仮説を常に検証し、事の展開を時系列で追いながら必要に応じて肉づけしたり、修正したりしてアップデートしていく。そうしないと、骨太の深い解釈にはなかなか至らない。

井上陽介の名言|仮説を常に検証し、事の展開を時系列で追いながら必要に応じて肉づけしたり、修正したりしてアップデートしていく


相手の嫌がる言葉を平気で投げつける人には2つのタイプがある。一つは想像力が欠如している人。過去の成功体験や社会的な実績があって、絶対に自分は正しいと信じて疑わない。だから、自分が発した言葉を相手がどう受け止めるのか、どんな感情を抱くのか、想像できないのです。もう一つのタイプは逆で、自分に自信がない人。たとえば学歴にコンプレックスを抱えていたら、さらに下の学歴の人をバカにして、自分が上だと認識する。自分の価値を相対的に上げるために、相手を貶めようとするんですね。

片田珠美の名言|相手の嫌がる言葉を平気で投げつける人


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ