梅原一嘉の名言|「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない

一番大事なのは、自分がやりたい事業、情熱を感じる事業を手掛けること。「儲かるから」という理由だけでは、なかなか知恵も出ないし、苦しい時に頑張れない。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

数十万円のバッグで「ブランドです」なんて恥ずかしい(笑)。低価格のしまむらでもいいものはいい。モノの価値からして「お得」なものを、自分の目で探して選ぶのが楽しいんです。

小室登子の名言|モノの価値からして「お得」なものを、自分の目で探して選ぶのが楽しい


海外で醤油を売り始めたとき、商品の品質や味の良さを実感していただくのと同時に、現地の食生活に合った、しょうゆを使うレシピを広めていきました。レシピブックをお渡ししたり、製品ボトルのネックに小冊子をつり下げたりして、「塩の代わりに使うとまたひとつ、おいしいものができますよ」と具体的な使い方の提案をしていったのです。その象徴例が「テリヤキソース」でしょう。米国市場向けに、しょうゆをベースにスパイスなどを加えたバーベキューソースを発売し、肉料理の新たなバリエーションを提案していきました。この提案が、米国の市場で受け入れられたのです。

染谷光男の名言|お客様に商品の使い方を具体的に提案することの大切さ


グローバル企業である帝人は、海外のグループ企業と国内のグループ企業がほぼ半数ずつになっています。私は世界中から社長を集めてグローバル・トップ・ミーティングを開催しました。欧米人の社長も中国人の社長もおりますが、彼らからいろいろな質疑が出てきます。質疑に応えながら、何度も摺り合わせをしていくと、だんだん理解が深まっていくのです。その結果、それぞれの社長が何をやるべきかという行動目標が具体化していきました。

長島徹の名言|グローバル企業では何度も話し合うことが重要


皆さんに実践してほしいのが、「フォーカス」するということ。ただし、その意味はふたつある。ひとつは、投資対象を絞ること。もうひとつは、気持ちのうえでも「集中」すること。

ロバート・キヨサキの名言|実践してほしいのが、「フォーカス」すること


大切なのは、全員が優勝という同じ方向を向き、選手が自分の力を発揮できる環境をつくることです。

小川淳司の名言|目標を共有することの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ