梅原一嘉の名言|まずは自分が楽しむ

自分が楽しいと感じていないものは長続きはしないし、誰も共感も応援もしてもらえない。まずは自分が楽しむ。それから一緒に取り組む仲間も楽しく取り組めるように心がける。それが一番の近道。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

研究所に関していえば、「今後3年のうちに、彼らは次にあげる10の発明を行います」などと記者会見で発表するようなことはしたくない。研究所の素晴らしいところは、偉大な頭脳を集めて、デッドライン(締め切り)を気にせずに仕事に打ち込めることだ。

ビル・ゲイツの名言|研究所にはデッドラインを設定しないことが大切


波風たてない。人の顔色をうかがう。それでいて器用だから、博報堂に入って広告制作をしていた最初の6年くらいは「そこそこ」のタイプでした。そこそこから抜け出したいと実践したのが金髪でした。34歳にして初めての金髪。金髪のくせに「作るものはその程度か」なんてカッコ悪いじゃないですか。

箭内道彦の名言|「そこそこ」のタイプから抜け出したいと実践したのが金髪だった


リーダーは慎重なる楽観主義者であるべき。楽観主義は志に属す。

川村隆の名言|リーダーは慎重なる楽観主義者であるべき。楽観主義は志に属す。


貯金力は決して生まれつきや育った環境で決められてしまうものではありません。

横山光昭の名言|貯金力はつく


経営者を見ていると、性格の違う家族を温かく見守って、いざというときは自ら行動する人が多いので。経営者に求められるものが、父性から母性へと移っているような気がするんです。

藤沢久美の名言|経営者に求められるものが、父性から母性へと移っている


企業にあって、びっくりさせられることの99%までは良くないことに決まっている。経営チームとして我々がどれほど熟達していようとも、誰かがきっと失策を犯し、予期しなかったことが起こり、問題が生じるものだ。しかし、予期しなかった問題を発見し、それに対処するのが早ければ早いほど、解決するのは容易になる。

ハロルド・ジェニーンの名言・格言|ノー・サプライズ!びっくるさせるな!


積もった塵は、心の塵でもある。身辺を整えるということは心を磨き、整えることにつながる。

枡野俊明の名言|身辺を整えるということは心を磨き、整えることにつながる


人には賢い人、愚かな人がいるとはいえ、それぞれひとつやふたつの才能がない人はいない。

吉田松陰の名言|ひとつやふたつの才能がない人はいない


時間は無限にあるわけじゃないからね。やりたいことがあったら、遠慮してないで自分からトライしたほうがいい。

織田裕二の名言|やりたいことがあったら、遠慮してないで自分からトライしたほうがいい


極論すれば、私が見るのは「熱意」だけです。企画の実現可能性や資料の論理構成、完成度などは、さほど問題ではありません。実は大企業の経営者にも、同じ考えの人が多い。ある大手企業の役員の方が、こう言っていました。「どんなに論理的な企画書でも、私たちは簡単にひっくり返せる。そんなものより、心に刺さる熱意を見せてほしい」と。

遠山正道の名言|心に刺さる熱意を見せる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ