柳川範之の名言|スキルとは直接的関係がないような学問をあらためて学ぶことも、スキルアップや将来の仕事に役立つ

スキルとは直接的関係がないような学問をあらためて学ぶことも、スキルアップや将来の仕事に役立つ。

柳川範之 の経歴

柳川範之、やながわ・のりゆき。日本の経済学者、経済学博士。東京大学大学院教授。慶應義塾大学経済学部通信教育課程卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。慶應義塾大学経済学部専任講師、東京大学経済学部助教授、東京大学大学院経済学研究科准教授、総合研究開発機構理事などを経て、東京大学大学院経済学研究科教授に就任。専門は契約理論。著書に『戦略的貿易政策 ゲーム理論の政策への応用』『独学という道もある』『元気と勇気が湧いてくる経済の考え方』『法と企業行動の経済分析』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はもともとCEOになるべき人間だと思ってはいませんでした。だからこそ、CEOの責務の大きさをよく分かっています。新製品を生み出し続け、しっかりとした事業基盤を作る。その点に尽きると思っています。

ラース・レビアン・ソレンセンの名言|新製品を生み出し続け、しっかりとした事業基盤を作る


お客様の課題やニーズを掘り起こして、ソリューションで対応していけば、まだまだ需要を掘り起こす余地はある。

小山田隆の名言|お客様の課題やニーズを掘り起こして、ソリューションで対応していけば、まだまだ需要を掘り起こす余地はある


考えの妥当性や正当性を明確にするには、「全体から見る」というやり方があります。同じ属性を持つ他のものや、全体を表わす平均値と比較する方法です。「新規顧客獲得のために、インターネット広告を増やす」という案なら、テレビや新聞の広告と比較したり、広告出稿量の業界平均と比べれば、その考えが適切かどうか判断できます。

太田薫正の名言|同じ属性を持つ他のものや、全体を表わす平均値と比較する


あなたは相手の話に関心を持ち、しっかり耳を傾けているでしょうか。相手の話は聞き流すくせに、自分の主張は通したいというのでは、誰も聞く耳を持ってくれません。自分の考えや気持ちを伝えることができる人は、相手の言い分もきちんと聞いています。逆に言い分が相手に伝わらないと感じる人は、自分も相手の言葉を聞いていないケースが多いのです。

大串亜由美の名言|主張を受け入れてもらえる人、もらえない人の違い


集中と選択でどんどんやってきた中身を見てみると、時代が移り変わる中で将来性のあるものとそうでないものが混在していました。そこで社長就任から3年間、選択選択、見直し見直しでいきました。たとえ前任の安居社長の時代に始めた事業であっても、やめます、撤退します、撤収しますと。

長島徹の名言|前任社長の始めた事業であっても、時代に合わなければ見直しをする


「言われた内容や文脈よりキーワードのイメージだけが伝わってしまう」ことのわかりやすい例は日常にもあります。電車の駅のアナウンス。「駆け込み乗車はおやめください!」と注意を促す言葉が流れた途端、バタバタっと駆け込む人が後を絶ちませんよね? 駅員は「お客様、おやめください!」と注意しているのに、乗客は「駆け込む」というキーワードとそのイメージしか残らないから「駆け込んだらまだ間に合うかも」と、ダッシュしてしまうのです。声をかけたせいで、間違った行動を喚起してしまうわけです。

岩崎由純の名言|言われた内容や文脈よりキーワードのイメージだけが伝わってしまう


欧米でも、15年ほど前までは、企業と労働者の関係は親子のようなものでした。でも、この関係が、両者が互いに独立した、大人と大人の関係に一変しました。日本も次第に移行していくでしょう。

リンダ・グラットンの名言|企業と労働者の関係は「親子」から「大人と大人」の関係へ


いまがあるのは「現状に満足しないで、半歩だけ前に出てみる」ということを、続けてきただけじゃないかな。もちろん、「人と違うことをやる」ということは徹底してきたけどね。

蝶野正洋の名言|現状に満足しないで、半歩だけ前に出てみる


僕たちがやろうとしているのは、既存のサービスと競合するんじゃなくて、今あるサービスをいかに使うかを教えることなんですね。例えばオンライン英会話に登録してもらって、それをどううまく活用するか我々が教えるということも実際にします。なので既存のサービスは僕らからするとパートナーみたいなものですね。彼らが英語を教える一方で、僕らは英語をどうやって勉強するのかを教えています。

岡田祥吾の名言|今あるサービスをいかに使うかを教える


無駄な努力は、努力をしていない時間よりもタチが悪い。

勝間和代の名言|無駄な努力は、努力をしていない時間よりもタチが悪い


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ