畑彰之介の名言|ユーザー第一の目線でサイトを作ることが僕らの絶対的ポリシー

ユーザー第一の目線でサイトを作ることが僕らの絶対的ポリシー。

畑彰之介 の経歴

畑彰之介、はた・しょうのすけ。日本の経営者。「カカクコム」社長。東京大学経済学部卒業後、日本たばこ産業を経てカカクコムに入社。執行役員、取締役などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は私の職責について誠実であろうとした。これは先師道伯の薫陶によるところが多い。道伯先生は「どんなことがあっても嘘は言うな。これが誠の始まりである」ことを徹底して教えられた。骨の髄までしみこんでいる。私もまた我が子女を育成するのに「嘘だけは言ってはならぬ」ということを、ただその一事をもって訓育してきたと言っていい。自分の生活にどんな秘密もあってはならぬと思ってきた。
【覚書き|道伯先生とは外科医末永道伯氏のこと。井村氏が幼いころに漢学を教えた人物】

マイナスな気持ちをプラスに変えるには、やはり目先の仕事の努力を怠らないことでしょう。それから、常に現状に満足しないこと。私は人にも厳しいけれど、自分にも常に厳しくあろうと思っています。

組織内における「改革と抵抗の葛藤」の厳しさは想像以上でした。裏に回っての非難や非協力が執拗かつ長期的に繰り返されます。アフター5に流される好ましからざる噂、一部OBの現場介入の発言などは組織運営にとって煩わしいもの。それでも異端者たちは悩みを共有しながら、粘り強く信念を貫いて行動してくれました。

アドラー心理学では、人を育てるには「上から評価して褒める」のではなく、「横から勇気づける」ことが有効だと考える。褒めることの正体は依存心を育て自律性を奪うという意味で「勇気くじき」にほかならないわけだが、では、人はどんなときに最も勇気が湧くかといえば、組織や共同体への貢献を「横から感謝された」ときである。

人の真価は、事の成否以上に、事そのものに全力投球したという充実感にあるのだろう。

世界の人が安心して水を飲めるようにする。それが私の人生の喜びです。

私がいつも人事部に言っているのは、「成績だけで採るな」ということです。運動でも何でも、とにかく必死でやった経験を持つ人材を採れと。学べばどこまでも伸びるというポテンシャルを持っていることが大切だと。

他店との競争ではなくて、自分たちが変われないことに問題がある。

ただ守るだけでは駄目で、ピンチを前向きに乗り超える。そういう意味で、我々は、積極的に立ち向かう姿勢を貫いてきました。いろんなピンチをその都度、努力によって乗り越えてきたことの繰り返しなんです。

働き方と生き方が、全く別になっている人は、これからは精神的に苦しくなっていくと思います。「生産性を高める」とか、「ワークライフバランス」とか「時短」とかってテーマとしては流行っていますけど、もっと本質的な部分、つまり「働きがい」「やりがい」をしっかり考える時期に、日本はきています。

ページの先頭へ