松本洋の名言|他人のせいという発想からは決して成長は望めない

他人のせいという発想からは決して成長は望めない。

松本洋(コンサルタント) の経歴

松本洋、まつもと・ひろし。日本の経営者。事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表。神戸出身。東京大学法学部卒業後、日本鋼管(のちのJFEグループ)に入社。初代ワシントン事務所長、子会社の米ナショナル・スチール上席副社長などを経て日本鋼管を退社。コロンビア大学でMBAと法学修士取得。その後、事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表、米国投資ファンドのアドベント・インターナショナル東京オフィス代表、ブルッキングス研究所客員研究員、ベネッセコーポレーション社外取締役などを歴任した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

百貨店業界は苦戦が続いていますが、やはり、従来の百貨店の価値観の中で育ってきた人間同士がいくら一生懸命に知恵を絞っても、そんなに新しい領域や革新的な店づくりにはならないと思う。ですから、例えば現在、建て替えを進めている松坂屋上野店南館にしても、当社グループのパルコが入ったり、映画館の「TOHOシネマズ」が入る予定です。こうした従来の百貨店にない新しい発想や着眼点を取り入れ、今までになかった新しい商業施設として生まれ変わりたいと考えています。

山本良一の名言|従来の価値観の中で育ってきた人間同士がいくら一生懸命に知恵を絞っても、革新的な店づくりはできない


アメリカのゼネラルモータース(GM)の先行開発研究所の所長になったとき、自分がマネジメントするなら和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気で、自由にクリエイティブな才能を発揮する組織にしたいと考えていました。振り返れば、その理想が失敗の原因になったように思います。それぞれの能力を発揮してもらおうと、メンバーに注目をしすぎて、クルマという成果が疎かになっていたのです。私は管理職として「人」を管理しようとしました。ただそれは誤りで、本来は人ではなく、「仕事」を管理すべきだったのです。

奥山清行の名言|管理職は「人」ではなく「仕事」の管理を


結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない。だから与えられた仕事に対して疑問を持たず、カッコ悪くても「これがいいんだ!」と信じて、その役になりきってしまうことが大事。あとはその役のなかで、自分なりのおもしろさを見つけ出すこと。

吉沢悠の名言|結局仕事が始まったら、最後までやり抜くしかない


当社の採用基準はグローバル基準にのっとっているだけ。我々はベンチャー企業ですから、中途採用が基本です。その条件は「働きたいか(意欲)」「職場に来られるか(体力)」「どんなスペック(能力)があるか」だけです。年齢は問いません。

出口治明の名言|採用基準は3つだけ


普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。

ジョン・ジェイの名言|私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ