松本洋の名言|他人のせいという発想からは決して成長は望めない

他人のせいという発想からは決して成長は望めない。

松本洋(コンサルタント) の経歴

松本洋、まつもと・ひろし。日本の経営者。事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表。神戸出身。東京大学法学部卒業後、日本鋼管(のちのJFEグループ)に入社。初代ワシントン事務所長、子会社の米ナショナル・スチール上席副社長などを経て日本鋼管を退社。コロンビア大学でMBAと法学修士取得。その後、事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表、米国投資ファンドのアドベント・インターナショナル東京オフィス代表、ブルッキングス研究所客員研究員、ベネッセコーポレーション社外取締役などを歴任した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

依頼したあとに「何か質問は?」と尋ねると、「特にありません」と言われることが多いと思いますが、「強いて挙げるなら?」ともう一歩踏み込みましょう。その返答次第で、相手の理解度を測れるでしょう。

怒りや憎しみで心をいっぱいにし、飽食に走り、自分を堕落させる快楽に浸って、うまくいかないことを世の中のせいにして不平を言う。そんな人が世の中にはたくさんいます。でも、本当に非難するべき相手は、人生を無駄にすり減らしている自分自身でしょう。自分の気質や能力は、もっと大事に扱うべきです。

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。

お金自体は無力なものだと私は考えています。お金のままでは何の利益も生み出しません。お金を増やすことが出来るのは芸術的な活動だけ。芸術的というのは、数値では表せないもののことです。

未来に何が起こるかなんて、誰にもわかりません。わからないからワクワクするし、予想外の出来事に直面して、いままで見えなかった風景が見えるようになる。それが成長なのです。

「決めてください」「判子をください」などと、無理に契約を迫っても、お客様は首を縦には振らないでしょう。洋服であってもボールペンであっても、他人から無理やり買わされるのはイヤなものだからです。なによりも、「自分で考え、自分で判断して購入を決めた」とお客様に納得して購入していただくことが大切です。

パラダイム論を提唱したトーマス・クーンの研究によれば、「天動説と地動説」のように支配的な学説が一気に変わる要因は、論争による勝利より、学者の世代交代です。

「どうすれば自分に合う職業と出会えるでしょうか?」と質問されますが、仕事というものはこちらに合わせてくれるものではありません。自分の方から仕事に合わせていく方法を探さない限り、どんな職業についても無理が出てくるでしょう。自分から歩み寄らなければ、本当の「好き」はなかなか見えてこないものです。

ライザップに来ていただいた方が体型だけでなく、気持ちが明るくなったり、考え方が前向きになったりしていく様子を目の当たりにしてきました。私たちは、「人は自分が思うよりもずっとすごい存在であり、可能性にあふれている」と確信しています。そしてそれを最も強固に証明できる会社でありたい。

海外で精神論はダメ。データを使って理詰めで教えないと。だから理解してもらえるまでに3~5年ぐらいかかるし、理解できた人だけが高い利益率を達成できる。反対に、理解できない人は自分から辞めていくけど、それを嘆いてはいかんわな。

ページの先頭へ