畑彰之介の名言|変化の流れに乗り、柔軟に手段を変えていく必要がある

うちは誰もがパソコンを持つようになるという世の中の変化に乗って成長してきた会社。そこからまた次の変化が起こっている今、その流れに乗り、柔軟に手段を変えていく必要がある。

畑彰之介 の経歴

畑彰之介、はた・しょうのすけ。日本の経営者。「カカクコム」社長。東京大学経済学部卒業後、日本たばこ産業を経てカカクコムに入社。執行役員、取締役などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業買収では、多くの経営者がただちにシナジー効果を求めたがります。ですがシナジーを出すよりも先に、買収先の企業が投資に値する利益を出すことを優先すべきです。

奥田務の名言|シナジーを出すよりも先に、買収先の企業が投資に値する利益を出すことを優先すべき


日本の場合は何かを創出することより、組織の存続が目的化していないでしょうか。結果として、組織の存続を目指す官僚的な人が重用されています。企業を官僚組織のように考え、トップになる人を「innovator(革新者)」と考えず、「bureaucrat(官僚)」と見る。そして、組織の長に調整型、あるいは調和型の人材を選ぶ。その行き着く先は緩やかな衰退でしょう。

宮内義彦の名言|組織の長に調整型、あるいは調和型の人材を選ぶと、行き着く先は緩やかな衰退


「変化を放棄した時」が負け。だから、強い相手がひとりもいなくなったとしても、自分は変化し続ける。頑張るだけでは意味がない。変わり続けること。それがプロである責任。

梅原大吾の名言|「変化を放棄した時」が負け


同業者が相次いで同じようなサービスを始めることで競争環境が生まれ、需要は確実に全国へと広がりました。そのなかでヤマト運輸は配達の品質にこだわり、便利なサービスを加えて圧倒的なシェアになったのです。

木川眞の名言|同業者に勝つには


企業のトップや役員は、短期的な目標だけを示すのでは足りない。目先のことに苦労していても、トンネルの先の光を指し示すこと、すなわち会社の将来の夢を語る必要があるのである。

新将命の名言|経営者は将来の夢を語れ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ