畑彰之介の名言|変化の流れに乗り、柔軟に手段を変えていく必要がある

うちは誰もがパソコンを持つようになるという世の中の変化に乗って成長してきた会社。そこからまた次の変化が起こっている今、その流れに乗り、柔軟に手段を変えていく必要がある。

畑彰之介 の経歴

畑彰之介、はた・しょうのすけ。日本の経営者。「カカクコム」社長。東京大学経済学部卒業後、日本たばこ産業を経てカカクコムに入社。執行役員、取締役などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ものごとを一生懸命にやって、ものごとを成功させることが大事。

アメリカで新しいものが生まれるのは、大きく言うとアメリカの西海岸、つまりシリコンバレーは、未来を全面的に肯定している。それに対して、日本は未来を否定している。その違いかな。

「国や地域ごとに異なる市場のニーズを察知し、それに合った商品を提供すること」「コスト面で競合他社と戦えること」「需要に応じて生産し、品切れや供給過剰を生じさせないこと」。そして、それぞれの生産拠点で徹底的に「現地化」を深めなければ、競合相手に勝てません。

人間は自分の話に耳を傾けてくれる相手に心を開きます。

私はサラリーマンでしたけれど、サラリーマンのような気持ちで仕事をしたことはありません。常に「創業者の名代(みょうだい)」として仕事をしてきたつもりです。そして今の私の使命は、創業者なきあとの一番バッターとして会社を守り、次の世代へ引き継ぐことです。

売り上げが上がるからやっているのではなくて、お客様がそれを欲しているからやるんです。世の中が要望する方向に我々が変わっていくだけ。

企業の戦略についての重要な決定の責任は、政治戦略の責任のときと同じく、当然トップに立つ者が行うものである。それが彼の存在理由である。

高付加価値商品やサービスの提供、リコーではもっとわかりやすく「普通でない商品」と呼んでいますが、これが提供できなかったら国際競争に太刀打ちできません。

私たちの仕事はお客様に安心を届ける。いざというときにお客様を支える。こんな気高い仕事はない。

交渉相手と仲間意識を育む方法のひとつが共通の敵を作ること。敵といっても実在の人物である必要はありません。ルールや前例を挙げ、「このせいで解決しないんですよ。でも頑張りましょう!」と語っていると一緒に戦っている感が高まります。

ページの先頭へ