橋谷能理子の名言|ジャンルや著者が違う本に数多く触れることで、様々な表現方法を学べる

読書も大切。ジャンルや著者が違う本に数多く触れることで、様々な表現方法を学べる。

橋谷能理子 の経歴

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。

前田鎌利の名言|資料作成で大事なこと


現状に安住するんじゃなくて、常に上を目指そう。

岡藤正広の名言|現状に安住するんじゃなくて、常に上を目指そう


コンサル会社で働いていた頃は複数のプロジェクトを掛け持ちしていました。どれも面白いけど「こなす」感じは否めない。ひとつに没頭できればもっと大きなインパクトを残せるのに……。そんな折りに会社の同期に農業界が抱える問題を聞かされたんです。この先農業界は変わる、そこで自分が没頭すればインパクトが出せる。そう思って同期と2人で起業しました。

川岸亮造の名言|この先農業界は変わる、そこで自分が没頭すればインパクトが出せる


金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。

プラウトゥスの名言|金を稼ぐには金を使う


メールを読みにくくする要因として、堅苦しい挨拶や格式ばった文章に、肝心の内容が埋もれてしまっていることがあります。ビジネスメールにおいては「結論は先に書く」のが基本原則。なるべく冒頭で、メールの一番の目的である伝えたい用件から書くように心がけましょう。

小田順子の名言|メールを読みにくくする要因


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ