橋谷能理子の名言|周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとすると誤解が生じる

自分の見方、聞き方が正しいと思い込み、周囲の人々も自分と同じように見て、聞いていると考え物事を伝えようとする。結果として誤解が生まれる。

橋谷能理子 の経歴

橋谷能理子、はしたに・のりこ。日本のアナウンサー。香川県出身。東京女子大学文理学部英米文学科卒業後、テレビ静岡に入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオなどで活躍。キャスター&アナウンサー養成スクール「Sankei Media Academy」校長を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。

唐池恒二の名言|お客様に対する気づきには三段階ある


おまえは野心、思惑がモロに言動に出ている。そんなことで先輩議員にかわいがってもらえると思っているのか。それを、表に出さずどうコントロールしていくかが、まったくできていない。人脈などできるわけがない、人にかわいがってもらえるわけがない。

田中角栄の名言|野心をどうコントロールするかが大事


相撲の時は、自分の取組を映像で振り返ることはなかったのですが、テレビの仕事では、後から自分の出演番組を見直したり、他の旅番組を見て研究しています。僕はテレビの仕事では「序ノ口」ですからね。特に食レポがまだまだ苦手で……。

把瑠都の名言|僕はテレビの仕事では「序ノ口」


創業当時から21世紀はハードとソフトを作る技術とそれを広めるリアルとデジタルの流通網が重要であると考え、事業を行ってきた。

薮崎敬祐の名言|ハードとソフトを作る技術とそれを広めるリアルとデジタルの流通網が重要


物事には必ず2つ以上の面がある。適応の裏に非適応があるように、光の裏には闇があり、役立つことの裏にはムダがある。

千葉聡の名言|光の裏には闇があり、役立つことの裏にはムダがある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ