魚住りえの名言|「聞き上手」の人は、必ず人間関係が良好

「話す」と「聞く」の2つでコミュニケーションであり、会話を「受け止める方法」を知ることが、円滑な人間関係を築くために重要。「聞き上手」の人は、必ず人間関係が良好。

魚住りえ の経歴

魚住りえ、うおずみ・りえ。日本のアナウンサー、タレント。大阪府出身。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業後、日本テレビ放送網に入社。アナウンサーとして活躍。その後独立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

論理力を鍛える一番効果的な方法は、他人に教えることです。ある知識を他人に教えようとすれば、その知識を深く理解し、相手にわかるように説明しなければなりません。ここで論理力を使います。ですから、他人に何度も教えていれば、論理力が鍛えられてくるのです。とはいえ、他人に教える機会がいつもあるとはかぎりません。そこで、「自分に教える」ことが、論理力を鍛えるのに有効です。自分に教えるというのは、新しい知識を得たときに、それを、自分にわかりやすいように、自分の言葉でノートなどに書き直す、ということです。

出口汪の名言|論理力を鍛える一番効果的な方法


我々は別に、チェーン店を1000店舗つくるとか、そういう考えで商売を始めたわけではない。でも、サトーカメラの今後を考えたとき、あるいは男である以上、私自身は会社の規模をある程度大きくしたいと思っている。ただ、その方法論として、コンビニをはじめとするチェーンストアのようにどんどん出店すればいいとは思っていないし、ユニクロのように価値が同質化した商品を売ろうとも考えていない。うちが店舗改革を本格的に始めてから十年かけて築き上げてきた、「とことん売上重視にはしない」といういまの経営スタイルを維持しながら、そのまま大きくなっていくことが大事だと思っている。

佐藤勝人の名言|自社独自の経営スタイルを維持しながら成長を


色んな国の一生会うことが出来ないであろう人にまで、自分たちの作ったものが広まっていくことはとても名誉なこと。それは僕の生きた証。

松本光一の名言|自分たちの作ったものが広まっていくことはとても名誉なこと


コミュニケーションはどんなに取っても取りすぎることはありません。たとえば、マネジャーは週に一回は部下と一対一で話すことが義務付けられています。上司が部下を放っておくことはまずありません。業績評価も必ず本人と面談して伝えます。

辻野晃一郎の名言|コミュニケーションはとりすぎることはない


相手が話すことを考えながら相づちを打つと、どうしても気のないものになってしまいます。そうではなく、話を聞く際にはただ相手の気持ちに耳を傾ける。そして、伝わってきた気持ちを表現することに集中するのです。ただ「そうなんですか」と相づちを打つのではなく、「そうなんですかあ♪」と感情を交えながら、多少オーバーなくらいに反応するように試してみてください。すると相手に「聞いてますよ」というメッセージをきちんと届けられます。

野口敏の名言|話を聞くときは相手の気持ちに耳を傾け、感情を込めて反応することが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ