又吉直樹の名言|どこまで伝えるか、何を伝えたいかということに対して、言葉をどう使うかということが表現だと思う

どこまで伝えるか、何を伝えたいかということに対して、言葉をどう使うかということが表現だと思う。

又吉直樹 の経歴

又吉直樹、またよし・なおき。日本のお笑い芸人、小説家、俳人。大阪府出身。吉本総合芸能学院東京校卒業。お笑いコンビ「ピース」を結成。『火花』で芥川賞を受賞。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ワンダ、三ツ矢サイダー、十六茶などを含め、それら基幹商品を盤石にするとともに、価格ではなく付加価値やオリジナリティの高さでヒット商品を生み出し、強いブランドの集合体になることが目標です。

岡田正昭の名言|強いブランドの集合体を目指す


特定の市場だけを見ていては、ビジネスチャンスを失ってしまいます。当社としても時代の変化に対応すべく、既存事業で培ってきたノウハウや資産を有効活用できる新しい領域を見出していかなければなりません。

里見治の名言|特定市場だけ見ていては、ビジネスチャンスを失う


仕事は極めていけばいくらでもつくれる。

高田明の名言|仕事は極めていけばいくらでもつくれる。


コミュニケーションの上手い下手は、テクニックで決まるのではなく、気の持ちようで決まるのです。

魚谷雅彦の名言|コミュニケーションはテクニックではなく気の持ちよう


わずかな技術領域にだけ優れていても、残りの8割以上が平均以下だったら、結局、成果を出すことはできません。ですから、毎日の仕事を早く終えて、会社の外で視野を広げる時間を作るべきなのです。

堀紘一の名言|視野を広げる時間をつくるべき


企業のセクションで最も重要なのは販売、営業の現場です。若い人はとかく企画室スタッフのような格好のいい仕事を望むけれど、理論や能書きだけでは物事は進まない。販売の現場でそれが実現できなければ、何の意味もありません。

柳井正の名言|理論や能書きだけでは物事は進まない


よく「ABCD」を常に意識するようにと言っています。「当たり前のことを、バカになって、ちゃんとやる、できるまでやる」の頭文字ですが、結局のところ、この積み重ねがすべての仕事の基盤をつくっていくものと考えています。

熊切直美の名言|当たり前のことを、バカになって、ちゃんとやる、できるまでやる


どのような道に進むにしてもオリジナリティの高い人になることが大切。要はその道のプロになること。経理や人事だって10年真剣に仕事をすればその道のプロになる。実際、僕の後輩で経理部にいた人間がいました。彼は10年経理を極め、独立して経理のアウトソーシング会社を起業。いまでは大きな会社に成長させています。

藤原和博の名言|オリジナリティの高い人になることが大切


グローバルな競争が行われる時代となる一方、モノを言う株主も出てきて、経営が非常に複雑化しているので、実際は社長一人だけでなかなか対応できない面もあると思います。社長を中心とした良い経営チームで対応しないと難しいでしょう。ただしチームを編成し、リードするのも社長次第ですから、結局は社長で決まるといえます。

澤田貴司の名言|社長を中心とした良い経営チームをつくる


新しいスマホの形をご提案し、飽和と言われる国内でも新たなニーズを拾い上げていきたい。

石田宏樹の名言|飽和と言われる国内でも新たなニーズを拾い上げていきたい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ