伊原保守の名言|真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる

真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる。

伊原保守 の経歴

伊原保守、いはら・もりやす。日本の経営者。「アイシン精機」社長。京都大学法学部卒業後、トヨタ自動車販売(のちのトヨタ自動車)に入社。調達企画部生準支援室室長、調達企画部副部長、グローバル調達企画部部長、事業開発部部長、事業企画室室長、トヨタ輸送社長、トヨタ自動車専務取締役、副社長などを経てアイシン精機社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーをやってきた自分の経験を生かして、ゼロからイチを生み出す起業や、イチの企業に投資をして10にも100にも、自分も一緒になって大きくしていきたい。

春田真の名言|一緒になって大きくしていきたい


毎月の給料とボーナスは今でも現金で手渡ししています。その方が感謝の気持ちが伝わりますし、社員は家に帰って家族に渡すときに今度は自分が感謝されるからです。ボーナスを手渡しする際には、一人一人と面談をします。さらに「ここをこうしたらもっと成長できる」といったメッセージを添えています。ありがたいことに、全員からお礼が返ってきますよ。

矢頭美世子の名言|給料とボーナスを今でも現金で手渡ししている理由


残業ゼロを達成できたことよりも、みんなが早く仕事を終わらせるための方法を一生懸命に考えてくれたことがうれしかった。例えば工場で3つの荷物を1人で一気に運ぶといった工夫です。結果的に利益に貢献したので、「残業ゼロ手当」という名目で賞与を出しました。それ以来、残業をなくしています。

小田豊の名言|残業をゼロにするためにみんなでアイデアを出し合う


「魔がさした」というのは、それくらい自分が弾けたというか、憧れていたクリエイティブな世界に身を投じることに熱くなっていたということだ。結果的にそのとき魔がさしたことが僕の人生を大きく変え、その後曲がりなりにも芸能人として飯を食うことにつながっている。
【覚書き|サラリーマンを辞めて劇団員になった当時を振り返っての発言】

高田純次の名言|魔がさすことで人生が大きく変わる


「働き方改革」は会社から与えられたものではなく、自分のためにするものです。そう考えれば創意工夫して仕事しようとするモチベーションも生まれるし、組織にとっても良い効果が期待できるでしょう。「自分のために仕事を早く終わらせて時間を作る」意識を徹底させることが重要ではないでしょうか。

川島高之の名言|「働き方改革」は、自分のためにするもの


思いがお客様に伝わるかは、自分の人間性そのものが問われる。「伝える力」を伸ばすには、人間力を磨き続けなくてはならない。

高田明の名言|「伝える力」を伸ばすには、人間力を磨き続けなくてはならない


人が成長すれば、企業も成長していきます。企業は人が中心にあると、私は信じています。

ジェームズ・マックナーニーの名言・格言|企業は人が中心にある


小さな火花も荒野を焼き尽くす。

毛沢東の名言|小さな火花も荒野を焼き尽くす


技術分野でも、いかにリソースを効率的に使うかが重要です。MUJINという小さな組織でもここまで成長してこられたのは、無駄の無い開発を心掛けてきたからに他なりません。

デアンコウ・ロセンの名言|いかにリソースを効率的に使うかが重要


懸命に向き合えば、今何をすべきかがわかる。わかれば、あとは一気呵成の行動あるのみ。

高田明の名言|あとは一気呵成の行動あるのみ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ