松本洋の名言|管理職の2つの仕事

管理職の仕事とは、1つは、目標に向けて部下を動かすために、現状とのギャップを測り、それを埋めるような施策を考えること。2つ目は従業員を成長させること。

松本洋(コンサルタント) の経歴

松本洋、まつもと・ひろし。日本の経営者。事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表。神戸出身。東京大学法学部卒業後、日本鋼管(のちのJFEグループ)に入社。初代ワシントン事務所長、子会社の米ナショナル・スチール上席副社長などを経て日本鋼管を退社。コロンビア大学でMBAと法学修士取得。その後、事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表、米国投資ファンドのアドベント・インターナショナル東京オフィス代表、ブルッキングス研究所客員研究員、ベネッセコーポレーション社外取締役などを歴任した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最初は、無償のギブをすれば他のお客様を紹介してもらえるかもという下心がありました。でも、ずっと続けて、積み重ねていけば習慣化されるんですね。それに自分の成績や昇進のことばかり考えていると、判断基準がわからなくなる。資金繰りに苦しんでいる経営者の方には、解約をお勧めすることもある。相手の立場を考えてこそのビジネスです。やはり「小山さんと会えて良かった」と思われるように努力したい。

小山聡章の名言|相手の立場を考えてこそのビジネス


朝出社したら、全員が仕事に取りかかる前に日報を書きます。内容はその日のスケジュールと書く作業の優先度。それをメーリングリストで全員に流してしまうので、情報も共有できますし、自分のスケジュールがみんなに知られるため、自己を律する役目も果たします。

小室淑恵の名言・格言|朝の日報でスケジュールと情報を社内で共有


雑談を重視しているのは、会議では伝わらない「際どい話」を共有できるから。ミスの8割が「言ったつもり」というコミュニケーション不足によるものです。雑談でコミュニケーションを活発にすれば、そうしたミスは防げます。雑談文化が根づいたことで、不良品の発生による返品率が150分の1以下になる効果もありました。

酒巻久の名言|社内に雑談文化を根付かせる利点


スポーツや芸術でもそうですが、まず最初に決まった「型」を習得して初めて「型破り」が可能になります。型がない人がやるのは「型なし」です。基本的な仕組みの存在こそが、会社の成長につながる創造性を生みだすのです。

松井忠三の名言|基本的な仕組みの存在こそが、会社の成長につながる創造性を生みだす


過ちを告白することは掃除に似ている。箒で埃を払ったあとは、すっきりときれいになり晴れやかな気分になる。告白することは、より強くなることなのだ。

ガンジーの名言|晴れやかな気分で生きるには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ