松本洋の名言|管理職の2つの仕事

管理職の仕事とは、1つは、目標に向けて部下を動かすために、現状とのギャップを測り、それを埋めるような施策を考えること。2つ目は従業員を成長させること。

松本洋(コンサルタント) の経歴

松本洋、まつもと・ひろし。日本の経営者。事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表。神戸出身。東京大学法学部卒業後、日本鋼管(のちのJFEグループ)に入社。初代ワシントン事務所長、子会社の米ナショナル・スチール上席副社長などを経て日本鋼管を退社。コロンビア大学でMBAと法学修士取得。その後、事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表、米国投資ファンドのアドベント・インターナショナル東京オフィス代表、ブルッキングス研究所客員研究員、ベネッセコーポレーション社外取締役などを歴任した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社が大きくなっていく過程では、自分自身が置かれている立場も変わりますし、組織の作り方も違います。何回も変化しますから、常に会社の変化のスピードよりも自分が一歩先を考えて成長していかないとダメだな、というのが実感です。

日本人の最大の欠点はスピードが遅いことにある。やるべきことをなかなかやらない。慎重に検討して根回しをして、皆で責任を回避しようとするからで、自分のその決定の責任を負おうとしない。勇気が足りないのだろう。仕事におけるスピード、戦略性、効率性は重要な要素のはずだ。

経営者だけが危機を察知していても駄目で、危機意識を社員にいかに共有してもらえるかが大事。

私がいつもこういう寓話を話しています。旅人がある街を通りかかると、同じ仕事をしている3人の職人がいました。そのうちの1人に「何をしているのですか?」と尋ねると、「レンガを積んでいるのです」と答えました。2人目にも「何をしているのですか?」と尋ねると、「強くて壊れない壁を造っているのです」と答えました。3人目にも同じく尋ねると、「後世まで残って、みんなの役に立つ教会を造っているのです」と答えました。この3人の中で、誰が一番良い仕事をするのかは明らかでしょう。志の大きさが仕事の質を決めるのです。

プレイステーションの開発プロジェクトでは、全員一丸となって「コンピュータ・エンタテインメントの創造」という共通の夢に向かって、会社間の垣根をとくに意識することなく、プロジェクト全体を大きな成功へと導くことができました。

こう言うと顰蹙を買うかもしれませんが、日本のインテリは答えのない議論が好きです。本や論文の末尾は「今後もこの問題を考えていきたい」という問題提起で終わっていることが多いのです。困ったことです。

人がどのようなことをいったとしても、物事をやかましく議論してはいけない。くだらないことをいうのは、たとえ一言でも無駄なことに違いない。それをよそにいて聞く人があったならば、大変差し出がましい奴だ、と思われるに違いない。

企業もユーザーも、双方が喜べるエコシステム(生態系)みたいなものをつくらないと、ビジネスとして長く続かないと思います。

店を閉めるということは、儲けなくてもいいということや。これまで以上に儲けた分、売上げはすべて店長や店員で分けなさい。

【覚え書き|創業3年目、経営危機で会社を畳む寸前の発言。この言葉に奮起したスタッフの頑張りで窮地を脱した】

松下幸之助の商売戦術30か条

  1. 商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
  2. お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。
  3. 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。
  4. 棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり。
  5. 取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ。
  6. 売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る。
  7. お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ。
  8. 資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし。
  9. 仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし。
  10. 百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし。
  11. 無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。
  12. 資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる。
  13. 品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ。
  14. お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない。
  15. 良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
  16. 自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ。
  17. 仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え。
  18. 紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ。
  19. 店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし。
  20. 絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案。
  21. 紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする。
  22. 品切れは店の不注意、お詫びして後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである。
  23. 正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ。
  24. 子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ。
  25. 常に考えよ今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ。
  26. 「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ。
  27. 御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け。
  28. 店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる。
  29. 毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし。
  30. 商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ。

ページの先頭へ