松本洋の名言|「自責」の視点を持ち込むと、解決策も見えてくる

「他責」で考えがちな現象に対して「自責」の視点を持ち込むと、自分にできたはずのことが驚くほど鮮明に見えてくる。そして自分が貢献できる解決策も見えてくる。

松本洋(コンサルタント) の経歴

松本洋、まつもと・ひろし。日本の経営者。事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表。神戸出身。東京大学法学部卒業後、日本鋼管(のちのJFEグループ)に入社。初代ワシントン事務所長、子会社の米ナショナル・スチール上席副社長などを経て日本鋼管を退社。コロンビア大学でMBAと法学修士取得。その後、事業再生コンサルティング会社アリックス・パートナーズ日本代表、米国投資ファンドのアドベント・インターナショナル東京オフィス代表、ブルッキングス研究所客員研究員、ベネッセコーポレーション社外取締役などを歴任した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

狭い世界での研究に手応えを感じることはなかった。たくさんの人にインパクトを与えるために会社を興した。

西村邦裕の名言|たくさんの人にインパクトを与えるために会社を興した


私たちが生き抜いてこられたのは、次の3つの教えを守ってきたからです。ひとつは、先ほどお話しした「人真似をするな」ということ。2つ目は「地域との共存共」。そして3つ目は、「相手は大衆だ」ということ。高級なリゾート施設とは違って、気軽な料金で仲間や家族と一緒に楽しんで、畳の部屋でくつろいでもらえるのがハワイアンズのよさ。震災以降、こうした温かみのある場所が見直されているのではないかと感じます。

斎藤一彦の名言|生き抜いてこられた3つの教え


万人にとってベストな記憶術など存在しません。合わない記憶法のせいで効率が上がらず、「なんて自分は頭が悪いんだ」と思い込んでいる人も結構いると思います。音声型、映像型、文字型など、自分のタイプを認識して、それに合った記憶法を選ぶべきです。誰かに勧められた方法は、その人に合ったやり方なので、自分向きとは限りません。

西内啓の名言・格言|万人にベストな記憶術など存在しない


「お客様が喜ばれることがいいサービスである」という考え方が崩れてしまえば、ヤマト運輸という会社は終わってしまいます。エリアを担う小集団のなかで悪い考え方をもった人が多数派になっていけば、今度はいい考え方の人が排除されるようになってしまう。

山内雅喜の名言|「お客様が喜ばれることがいいサービスである」という考え方が崩れれば、ヤマト運輸は終わる


報連相を禁止にしました。報連相の弊害は、まずは人の成長が止まること。全ての局面で逐一上司に報告し、指示を仰いで仕事をするようになると、自分で考えて判断する力が育ちません。上司の指示を待つ状態になるので、自分から行動を起こそうという主体性もなくなります。また仕事のスピードが落ちるのも弊害の一つ。必ず一度上司を介してから行動するので、上司が外出や打ち合わせで不在だと仕事が滞ってしまいます。また上司側から見ても、全ての部下から報告を受け指示を出していてはそれで手一杯となり、自分の仕事ができなくなります。

松井忠三の名言|報連相の弊害


単なる金儲けではなく、ロマンとビジョンを持って経営を手掛けるということが大切。

飯沼一元の名言|ロマンとビジョンを持って経営を手掛けるということが大切


資本と優秀な人材が揃う大企業と同じスピードで意思決定をしていたのでは、必ず後塵を拝することになる。多少荒くても、どんどん世に間うていったほうがいい。

飯尾慶介の名言|大企業と同じスピードで意志決定していたのではいけない


パソコンの時代に成長したネイバーは巨大な組織になりました。このままスマートフォンの時代を迎えたら、ネイバー自体が崩れてしまうかもしれないという危機感がありました。もっと子会社を作って細かく分割する方向性を決めたんです。小さくするとスピードが出ますし、責任感も強くなる。グループ内で競合になってしまうといった問題が付きまといますが、健全な競合ならある程度はあっていいと思っています。

李海珍の名言|小さくするとスピードが出ますし、責任感も強くなる


経営統合の成否は、両社の一体感の醸成にあります。そのためにはトップである私の考えや方針を、会社全体に周知徹底させることが欠かせません。それができているのだろうか、自分の発言はきっちりと現場の隅々にまで伝わっているのだろうか。正直、しばしば不安に駆られました。

奥田陽一の名言|自分の発言が現場に伝わっているか気にすることの大切さ


どうやら「借金してでも」と決心して立ち向かうヤツには借金が逃げていくらしい。

坂信弥の名言|決意して立ち向かう人から借金は逃げていく


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ