齋藤純一の名言|格差の拡大それ自体が社会のまとまりを破壊し、分断していく

格差の拡大それ自体が社会のまとまりを破壊し、分断していく。

齋藤純一(政治学者) の経歴

齋藤純一、さいとう・じゅんいち。日本の政治学者。「早稲田大学政治経済学術院」教授。福島県出身。早稲田大学政経学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。横浜国立大学経済学部助教授・教授、早稲田大学政治経済学術院教授、早稲田大学大学院政治学研究科科長、日本政治学会理事長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ある社員はカップヌードルをやりたいと思っているし、ある社員はカップヌードルをぶつ潰したいと思っている。ある社員はカップヌードルにすがりたいと思っているかと思えば、ある社員はまったく新しい商品で勝負したいと思っている。つまり、社員の目標はバラバラ、思考回路もバラバラなのです。だったら、それぞれの社員がそれぞれの目標を徹底的に追求できるようにしたらどうかと。社員の目標を妨げない。やりたいことを徹底的にやらせる。その代わり自分の目標を貫徹しろと。そうしたら、自然に競争が起こってくるだろう。これがBM(ブランド・マネージャー)制度のそもそもの狙いなのです。

安藤宏基の名言|社員の目標を妨げない。やりたいことを徹底的にやらせる。その代わり自分の目標を貫徹させる。


企業価値の向上があってこそ株主価値の向上がある。

草刈貴弘の名言|企業価値の向上があってこそ株主価値の向上がある


コア事業と関連の薄いものを中心に、改善の見込みのないものは、早く清算していきます。

久代敏男の名言|コア事業と関連の薄い事業は清算する


像の歪みの少ない薄型非球面レンズを標準搭載し、4プライスでどんなレンズでも追加料金ゼロという販売形態に刷新しました。こうすると原価が上がってしまうため、利益を確保するには客数を増やし、人時生産性を高めなければなりません。苦しい決断でしたが、ビジョンに従って突き進み、商品企画、生産、流通、販売まですべてを見直しました。
【覚書き|2008年に赤字に転落してしまった当時を振り返っての発言】

田中仁の名言|事業を大きく改革する


国ごとにカタログが表紙から中身のレイアウトまで違えば、経済的に見ても2倍、3倍、いや10倍ぐらいのコストがかかっているわけだから。アシックスのブランドイメージを統一していったわけです。

尾山基の名言|ブランドイメージの統一はコスト削減にもつながる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ