齋藤純一の名言|格差の拡大それ自体が社会のまとまりを破壊し、分断していく

格差の拡大それ自体が社会のまとまりを破壊し、分断していく。

齋藤純一(政治学者) の経歴

齋藤純一、さいとう・じゅんいち。日本の政治学者。「早稲田大学政治経済学術院」教授。福島県出身。早稲田大学政経学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。横浜国立大学経済学部助教授・教授、早稲田大学政治経済学術院教授、早稲田大学大学院政治学研究科科長、日本政治学会理事長などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

すべて自分でリスクを取る。起業家には、その覚悟が大切。

奥谷禮子の名言|起業家に必要な覚悟


私は多くの人々に億万長者になるチャンスを与えたに過ぎない。彼らは自分で達したのだ。
【覚書き|世界で一番億万長者を生み出した人と呼ばれたことについて語った言葉。マクドナルドのフランチャイズオーナーから多くの億万長者が生まれた】

レイ・クロックの名言・格言|チャンスを与えたに過ぎない


仕事の停滞感は僕にはないなあ。テレビでも、舞台でも、毎回、ちゃんとやれるかなと(不安に)思いながら出ているので。ミスなくこなせるとか、気持ちが高まらへんとかってことがない。

小杉竜一の名言|毎回、ちゃんとやれるかなと思いながら出ている


成功しても慕われる人は、自分の功績を自慢する前に、感謝の言葉を口にする人。

高城幸司の名言|成功しても慕われる人の特徴


ビジネスでは親切にすると、大抵は嫌われます。顧客との関係を考えてみてください。顧客との間では、特別に割引する、本来の業務以外の仕事も手助けする、などのちょっとしたサービスが親切ということになります。それに対して顧客はもちろん喜びます。しかし、利益を圧迫するような割引や、時間外労働を強いるようなサービスは長くは続きません。「今回からは割引はなしでお願いします」と切り出した途端、「この前はやってくれたのに、なぜ今回はやってくれないの?」と顧客は不満を募らせます。このように、サービスで相手に何かしてあげるという行為は、自社の利益を激しく損なうだけでなく、会社の信用やブランド、自分の評価も下げることになり、良い結果を生みません。

石原明の名言|ビジネスにおけるサービスや親切の落とし穴


現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。

森田直行の名言・格言|無駄な時間の使い方を組織的に見直す


私はベトナム(戦争)で、「少なくともその日だけは生き残れるようにしよう」と毎日を過ごしていました。ビジネスが破綻するかもしれないと考えたとき、ベトナム時代のことを教訓にしました。「最悪なのはお金を失うことではない」と。

ボブ・パーソンズの名言|最悪なのはお金を失うことではない


僕が「教えない授業」を行うのは、自立し、問題解決能力をつけることが、変化の激しい社会で生き抜く力につながると思うからです。

山本崇雄の名言|自立し、問題解決能力をつけることが、変化の激しい社会で生き抜く力につながる


会社が悪くなるときは、あっという間。それを防ぐため、コマツウェイを浸透させようとしています。

坂根正弘の名言|会社が悪くなるときは、あっという間


オープンイノベーションとAPIの開放がキーワード。イノベーションが1つの企業によって行われる時代は終わった。ソフトウエアの機能も共有するのです。

北尾吉孝の名言|イノベーションが1つの企業によって行われる時代は終わった


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ