畑彰之介の名言|気にしていくべきは、ある程度の投資をしながら新しい価値を作ること

今後気にしていくべきは利益体質を引き締めることよりも、ある程度の投資をしながら新しい価値を作ること。

畑彰之介 の経歴

畑彰之介、はた・しょうのすけ。日本の経営者。「カカクコム」社長。東京大学経済学部卒業後、日本たばこ産業を経てカカクコムに入社。執行役員、取締役などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

部下に新たな仕事を与えて任せ、仕事の面白さを体験させましょう。

シンボルマークをつくれば、何よりも当事者がうれしいし、参加者にも伝わりやすい。

一人で苦しんでいたなら、とっくに逃亡していたかもしれませんね。人との触れあいが私を支えてくれています。

摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。

私は商談にいったら、納得していただけるまで相手の質問や疑問に答え、ハンコは必ずその場で捺してもらいます。よく「あとから契約書を送っておきますね」という人がいますが、人間というのは時間がたつと迷うんですよ。でも、その場で決断してもらえば、相手にそんな無駄な時間を使わせなくても済むでしょう。だから、「私のほうで手続きを進めますので、いまここでお申し込みいただけますか」とお願いすることは、お客さんに対する愛でもあるんです。

取材で何よりも大事なのは、「お話をお聞きしたい」という気持ちを、ストレートに伝えることです。一流の方でも、真剣に向かっていけば、真剣に応えてもらえるものです。

従業員が本音で会話ができなければ、経営者は自社で何が起きているか把握できません。綺麗ごとばかりが経営層に伝わってしまいます。

ビジネスパーソンにとって、自分の「意志力」をコントロールすることは非常に大切です。特に時間を効率的に使いたいと考える場合、意志力を自分の思い通りにできる人とそうではない人がいたら、確実に前者が成功するでしょう。

「やる気のある者が報われる」のは、経済に必要な仕組み。

取りかかるべき仕事があるのに面倒だと感じるのは、前頭葉の体力が落ちていることが原因と思われます。前頭葉は情報を組み合わせて思考や行動を組み立て、運動野を介して体に命令を出すという脳の中の司令塔の役割を果たしています。前頭葉の体力が低下して指示を出し続けられなくなると、面倒くさい、楽をしたいという脳の原始的な欲求に負けやすく、主体的に仕事に取組み意欲が湧きづらくなります。

ページの先頭へ