梅原一嘉の名言|何のために事業を行うのかが重要

何のために事業を行うのかが重要。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「創業は易く、守成は難し」ということわざがありますが、困難に見舞われたときこそ志が問われるのです。
【覚書き|守成(しゅせい)=事業を引き継いで守ること】

すぐに覚えてもらえる一発芸があるといいですね。大企業の社長は現場から離れているのでさみしい思いをしています。若手であれば、釣りが趣味の社長には「僕も海釣りをはじめたので連れて行ってください」と臆面もなく頼むといいかもしません。部長以上だと大人気がなく、使えないと思われますが。

「予兆」とは、世の中で起こっていることより、自分の中の「気付き」だと思います。「こういうことをやらないといけない」「こうなるんじゃないか」という自分の中のイメージこそ「予兆」です。

ハードワークには、仕事の面白さを知ることができるほかに、もうひとつの効果があります。それは上司や部署内の人間たちに「お、彼はこの頃、変わったな」と思わせることです。すると不思議なもので、周りの評価が上がれば、本人も仕事が楽しくなってくるのです。

私利私欲のためではなく、社会に役に立つ企業となること、社会に必要とされる企業になることが大事だと考えています。そのためには消費者の側に立って、消費者に対する利便性、サービスを提供することです。それをベースにして会社を組み立てていくのが基本です。この軸はブレないように、しっかり守っていこう、という思いでやってきましたし、今後もここだけはブレないようにしたいと思っています。

やり遂げろ!この世界で継続ほど価値のあるものはない。才能は違う。才能があっても失敗している人はたくさんいる。天才も違う。恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世界にいる。教育も違う。世界には教育を受けた落伍者があふれている。信念と継続だけが全能である。

私は寮の選手たちに、「人に好かれなくてもいいが、嫌われるな」といい続けました。好かれるには、媚を売らなきゃいけない時もある。でもそんな時間があったら練習をした方がいい。でも、嫌われてはいけないのです。挨拶をする、時間に遅れない、約束を守る……。人としてやるべきことをやっていれば、嫌われることはありません。そうすれば自分が活躍した時にみんな味方になってくれるのです。

会社という組織の中で地位が高くなるにつれ、共に働く部下が増えるものですが、彼ら一人一人にできる限り自ら考えて行動してほしいという思いのもと、指導してきました。自分で考えて行動する人は少なからずいるのですが、自らの意思となると意外に難しいものです。

自分が売っているもの、説明したいこと、あるいは取り組んでいることが何であれ、心からの熱意を伝える。印象を与えるのに有効なのは、熱意が一番だということが、研究で分かっています。

わが軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能だ。状況は最高、これより反撃する。
【覚書き|第一次世界大戦でフランス第9軍の指揮を執っていた時の発言。戦況がドイツ軍に押されていた際に】

ページの先頭へ