梅原一嘉の名言|何のために事業を行うのかが重要

何のために事業を行うのかが重要。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私も多くの失敗や挫折を経験したから今がある。失敗を経験することで何かを学んでもらいたい。
【覚え書き|敗者復活制度をつくったことについて】

塚本勲の名言|失敗や挫折を経験したから今がある


電話をかけるときに避けたいのは、「話が長い人」と思われてしまうことです。「実際に会ったら、もっと話が長いだろうな」と警戒されて、会ってもらえない可能性が高くなります。

吉野真由美の名言|電話をかけるときに避けたいこと


百福(創業者)の基本にあるのは、「食為聖職」です。食べ物に携わる職業は聖なる職業なのだから、嘘偽りがあってはならない。「誠実な心で仕事をしろ」ということです。この基本があって初めて、クリエーティブでユニークなことにチャレンジできる。

安藤徳隆の名言|基本があって初めて、クリエーティブでユニークなことにチャレンジできる


やっと時代が追いついたと感じますが、教室だけでの採算は取れていません。当初から教室では男子料理の普及を目的とし、企業向けのマーケティングビジネスで稼ぎを立てようと決めていました。

福本陽子の名言|別の部分で稼ぐ


若い者に負けるもんか、という気持ちは持っていますが、歳には勝てません。記憶力とか企画力とか弱まってきています。ですから、最近は「こうしよう、ああしよう」とまず若手ぞろいの役員に提案させる形にしています。その上でそれぞれを、僕の経験を基にマルかバツを決めるように変えました。
【覚書き|76歳のころの発言】

韓昌祐の名言|まず若手役員に提案させる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ