梅原一嘉の名言|嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない

嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない。従業員が楽しく仕事ができる環境を創り、お客様にも楽しい時間を過ごして頂くことを心掛けています。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

もしあなたが、「英語は頑張って勉強するものだ」と感じているなら、それは主に学生時代に染みついた「英語の勉強はたいへんだ」という嫌なイメージがあるからです。こうしたマイナスイメージを払拭できれば、英語学習は格段にやりやすくなります。

西澤ロイの名言|英語勉強の第一歩はマイナスイメージを払拭すること


必要な資料はシンプルに仕上げて、打ち合わせが開かれる2日前までに、出席者に渡しておくといい。事前に読んでおいてもらえば、打ち合わせ中に資料を読み上げる時間を省ける。すぐに有意義な議論に入れます。

松本晃の名言|打ち合わせ前にすべきこと


サンドイッチというたった10センチ四方の世界ですが、いくら仕上げても終わりがありません。だからこそ、召し上がった人々が感動するような美しく目にもおいしいサンドイッチを作っていきたい。

原田純子の名言|サンドイッチは、いくら仕上げても終わりがない


大量のシャツの在庫で窓がふさがれ、光が入らない1Kの部屋で寝起きしていた僕は、工場への支払い期日が近づくにつれ、追い込まれていきました。工場には200万円を支払う必要があったのですが、商品が売れないことには払うお金がない。だからといって、工場に損失を負わせる事態は何が何でも避けたい。そんな時、ふと脳裏に浮かんだのは、「行商」というアイデアでした企業でビジネススーツの「着こなし方」を教えるセミナーをやり、そこで商品を販売させてもらったら、在庫が少しでもさばけるのではないか。そう考え、「10社に10枚ずつ、計100枚を売る」ことを目標に、大手広告代理店や大手化学メーカーの総務部などに片っ端から電話をかけ、「スーツの着こなしセミナーを無償でやります」と売り込みました。当然、どの会社からも怪しまれましたが、そこでひるんでは負け。「ビジネスパーソンは、スーツをきちんと着こなせるようになると、大きな成果を出せるようになります。その着こなし方の基本を教えるセミナーを、今なら無償で行います。一度学んだら30~40年は役立つ知識ですよ」。こんな具合に担当者を必死で説得し、10社で無料セミナーを実施。目標通り、100枚を販売し、100万円の売り上げを手にすることができました。

山田敏夫の名言|商品が売れないなら無料セミナーを開いて売ってみる


クライアント企業の再生をお手伝いすると決めたら、まずは徹底的に現場を理解するところからスタートする。クライアントがレストラン・チェーンなら、ピーク時間帯の11時半から13時半の間、十分なサービスを提供できる人員配置ができているかといった、極めてべタなところを調査していく。問題点の洗い出しができたら、それをテーブルの上に乗せて社員と一緒に議論しながら改善策を探っていく。効果が出なければ、再び議論をする。

澤田貴司の名言|企業再生は徹底的に現場を理解するところから


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ