梅原一嘉の名言|嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない

嫌々働いているスタッフがお客を楽しませることはできない。従業員が楽しく仕事ができる環境を創り、お客様にも楽しい時間を過ごして頂くことを心掛けています。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織とは、利益の相反する人たちが、一定の条件のもとで集まった状態のことです。一人ひとり、やりたいことも違えば、やる気の源も異なる人たちの集まりです。バラバラの個人が組織の意図を共有し、同じ方向を目指すことで、初めて大きな成果につながるのです。

破壊的な競合に関しては、自分たちも破壊的であろうと常に意識しています。異業種からの参入も想定しながら、お客様の要求や市場の先行きに対処するには何が必要か、事業領域を考えた時にABBの中に既に強みがあるものについては、自社で手掛けますし、他社でその事業領域をやっているところが全くなければ、ABBが投資して一からつくることもあるでしょう。しかし適切な能力を保有する企業が既にあった場合、チームを組むのも選択肢として視野に入れています。

お客様のお困り事を素直にお聞きし、ニーズを冷静に吸い上げる。そうした声を社内にフィードバックし、そこから生まれた「答え」をお客様にご提案するのが当社の仕事。

戦略書から学んだことは、「ビジネスパーソンは常に勝たなければいけない」ということ。だから、勝ち目のある戦いしかしてはいけない。

いい人材とは何か。その定義は会社によって異なるはずです。明確な基準なくしては満足できる採用などできるわけがありません。どのポジションに適した人材が必要なのかを明確にしない限り、採用は成功しないし、採用された人も不幸です。

人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。
【覚え書き|自らの作風について語った言葉】

競争のステージが変わり、この先はグループ総力戦でないと負ける。

無から有を生み出すのがベンチャー企業。

経営者だけがふんぞり返っていい暮らしをするのはおかしいというのが父親(創業者・佐藤誠一)の持論で、我が家は長い間、くみ取り式トイレの借家住まいでした。地元ではトップクラスの企業だったにもかかわらず、です。従業員の8割が家を購入するまで、父は家を持たないと決めていたのです。

大きな契約で他社と競っているときには、担当の部門長や部長を呼んで質問します。客先や競合の状況を推測すると、丸紅のポジションはどうか、お客様はどこまで丸紅に期待しているのか、この案件は本当に勝てるのか等々、かなりしつこく聞きます。すると、ときには「これは言葉とは違った何かが起きているな」「自信がないようだ。この入札には勝てそうもないな」ということがわかるのです。

スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。

私やキッコーマンのビジョンだけでは駄目だったでしょう。地域に貢献できること、それが一番のポイントだったと思います。
【覚え書き|アメリカ工場建設時を振り返って】

海外の商談において、日系企業は英語でやり取りするケースが多いが、現地の言葉を使った方が現地の人も喜ぶし、仕事もスムーズに運ぶ。海外では特に言葉が大事になってくるのに、日本で英語ができる人は多くいても、タイ語やインドネシア語ができる人はまだまだ少ない。当社がそうした隙間を埋めることで、日本と東南アジアの懸け橋となる存在になりたい。

ページの先頭へ