梅原一嘉の名言|面白いと思ったらやってみればいい

お客様が喜ぶことなら何でもあり。面白いと思ったらやってみればいい。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は心の中で、ブルー、イエロー、レッドの三色のカードを持っています。日本中、世界中、どこの街にいても、景観やデザインを見ながら、「これはOK! ブルー」「これはダメ! レッド」とやるわけです。

新任の社長は、一日でも早く自分の存在を社内に認めさせようと焦るものです。社内改革への取り組みも、あまりに急ぎすぎる場合は社員の反発を招き、社内で孤立してしまうような事態になりかねません。社長就任から1~2年は様子見をするぐらいの余裕を持った態度が望ましいと思います。

たとえば、英語の授業だって、国語や数学を英語で教えたり、サッカーを英語だけでやってみたりするといいと思います。違う方向からアプローチすることで、国際的な視野も広がるし、英語の面白さが分かるはず。

ヤオコーは「アドマイヤード・カンパニー(尊敬される企業)」を目指しています。増益を続けて儲かっているからではなく、経営理念や商売の姿勢、従業員の働き方を含めたトータルで、尊敬してもらえる企業になりたい。

英会話上達への近道、それは、英会話への苦手意識を克服することに尽きます。本来、日常会話程度ならば、中学で習う英語でも通じるはずなのです。にもかかわらず、英語が話せない日本人が多いのは、学校教育の中で「話す練習」が圧倒的に足りなかったからです。

M&A後、いかにガバナンスを確立するかという課題があります。そして、いかに早い時間で買収のシナジーを上げるか。あるいは統合効果を実現させるか。さらには、それを実現するにあたってM&Aをした企業の有力人材をいかに活用し、さらに育成するかということが極めて重要になってきます。そこでベースとなるのが、経営の基本方針をいかに買収先、あるいは設立先に浸透させていくかということ。これが重要になってくるのだと考えます。

個人の頑張りに依存した営業では、いずれどこかで息切れが起きて、アプローチの断念につがなってしまう。

いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。

人材の育成に加え、「組織や企業風土の変革」も必要でしょう。せっかくのアイデアがあってもそれを人事的に評価する制度がなければ、チャレンジを恐れて何も動かなくなる。

実家はみかん農家だったんですが、両親が入退院をくり返すなかでしだいに食えなくなり、「なんとかせなあかん」という状況になりました。ですが、こちらもサラリーマンの身。親に十分な援助ができません。そこで決意したのが、いつかは独立して親を楽にしようという考え。そのために、三十歳で課長になるという目標を定めました。もし課長になれたら、自分には非凡なものがあるはず。逆になれなければ平凡だという証しだから、諦めて一生サラリーマンをしようと思っていました。

ページの先頭へ