梅原一嘉の名言|武器はサービス

他店は価格で勝負していますが、弊社の武器はサービスです。うちではお客に商品の話をできるだけでは二流。お客と何でも話せるくらい親密な関係を築くことが大切。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

身代(財産)を減らさぬ考をするには平素交際する人を選べ。

英語学習はどこまでいっても終わりが見えないもの。英語を語学ではなく、単なる意思疎通のツールとして捉え、たどたどしくても、発音が少し変でも、「伝われば十分」であると割り切る。そう考えると、英語に取り組みやすくなりませんか。

老後の収入源にしたいなら、いまの仕事の延長にある資格を一点集中して取得するべき。たとえば私のようなFPの場合、社労士、行政書士、宅建など。いまも将来も使えて、仕事が広がりますから。

研究しなければ、お茶の基本が分からない。香りは何でできているのか、味は何でできているのか、細かい分析が必要です。そうやってお茶を知り尽くすことで、もっと良いお茶ができる。

当社は地方都市での事業展開に注力していますが、目的のひとつに人材採用があります。東京には人材も多いですが競争も厳しい。そこで地元で働きたいと思っている優秀な人材の確保を狙っているのです。

日本のクリエイターが世界に通用するには、もう一歩アイデンティティが表現される必要があります。クリエイティブとは、すなわち文化です。日本人の中に日本人としての誇りや愛国心がなければクリエイティブの中にも、個性が発揮されません。誰がやっても同じような作品ができてしまうなら、日本人は負けてしまいます。日本画だったら歌麿が書いたと一目瞭然でわかる、それくらいの個性がほしいのです。

リスクを果敢に取る姿勢を評価しなければならない。リスクを避けた人間より、リスクを取って失敗した人間の方が、将来何十倍もの価値を生むのだから。

第一線のビジネスマンはみなさん実力をお持ちです。しかし、外見として可視化することに慣れていないのです。

「仕事を楽しもう」「カッコいい人になろう」という言葉は、競争を煽るより、よほどスタッフの心に響くし、会社にもいい影響をもたらします。社員が自分の働き方を考える引き金になるからです。

目的の明確化と議題の設定が第一。これがきちんとできれば、会議の成功は8割方約束されます。

ページの先頭へ