梅原一嘉の名言|楽しさでこそ選ばれたい

目指すのは日本一楽しいスーパーマーケット。価格の安さだけでなく、プラスアルファの楽しさでこそ選ばれたい。

梅原一嘉 の経歴

梅原一嘉、うめはら・かずよし。日本の経営者。「佐竹食品」社長。大阪府出身。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

誰がやったことだろうが、どんな事情があろうが、トップは何があっても自分で腹を切るつもりがなければならないと思います。

田川博己の名言|全てはトップの責任


10年後? 70歳ですからね。いろんなおじいちゃん役をやりたい。「また出てる!」って言われるおじいちゃんね(笑)。

小日向文世の名言|「また出てる!」って言われるおじいちゃんになりたい


人と会うだけでなく、読書も発想を磨く力になります。私はその時々の問題意識に合わせて本を読んでいます。映画やテレビは進行するペースが決まっていて、見ている側が立ち止まって考える余裕がありません。その点、本は自分のペースで進み、立ち止まっては自分の考えを検証できます。

宮田孝一の名言|問題意識を持って読書することの大切さ


会社というものは、やはり継続が大切です。徳川家康は元気なうちに席を譲って駿河に行きました。私も元気なうちに次の人にバトンタッチしたほうがいいと判断しました。

宮内義彦の名言|元気なうちに次の人にバトンタッチする


「規模が大きくなること」と「会社が成長すること」は違う。売上が伸びて仕事は増えても、人は思うように育たず、仕事の質は高まらない。辞める社員が出ると、その「穴埋め」として中途採用をする。その繰り返しでした。そこで、地元の高校を卒業した人を新卒で採用し、しっかりと育てていく文化をつくりたいと考えました。新卒をイチから育てるのは、遠回りではあるけれども、長い目で見ればきっとプラスになるに違いないと。

八巻大介の名言|「規模が大きくなること」と「会社が成長すること」は違う


まずは、自分が生まれた国のことを知ること。それにより、自分が何者なのかを理解して初めて、他の国の人々とも信頼関係を築くことができます。

竹田恒泰の名言|他の国の人々と信頼関係を築く基礎


目標は設定の仕方にもよりますが、単に上から数字をあてがうだけだと一人歩きを始め、「その数字さえクリアすればいい」「未達ならペナルティを払えばいい」といった本末転倒した意識が生まれがちです。目標を達成するため、楽に数字を上げられる安易な方法に流れ、新しい可能性を切り開くという挑戦には目が向かなくなってしまうこともあります。自分を振り返って、いつのまにか数値目標が一人歩きをしていたら、何のための目標なのか、意味合いを明確にすべきです。

鈴木敏文の名言|何のための目標なのか、意味合いを明確にすべき


大抵の仕事は上司やクライアントとの関係性の中にあり、自分だけの都合では進めることはできません。期日を守らないと誰かに迷惑をかけてしまう仕事や、相手のスケジュールに合わせて進めるべき仕事などは、緊急度の高い仕事として優先させるべきでしょう。

佐藤孝幸の名言|期日を守らないと誰かに迷惑をかける仕事を優先する


難しく考えず、それぞれ自分ができることをやればいい。

田中仁の名言|難しく考えず、それぞれ自分ができることをやればいい


ミーティングでは、場を支配するよりも、人の話を聞くことと、質問されたことに対して曖昧な返事はせず、明確に、正直に答えるよう心がけています。それが結果的に時間の無駄を省き、信頼関係を築くことにもなるからです。

マイケル・ウィリアムソンの名言|ミーティングでは人の話をよく聞く


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ