熊谷聖司の名言|困っている人を助ける信念が第一

僕らが伝えたいのは、目の前のお客様のために全力を尽くすということ。困っている人を助ける信念が第一。そのためには、認知も広めないといけない。

熊谷聖司(経営者) の経歴

熊谷聖司、くまがい・まさし。日本の経営者。データ復旧会社「デジタルデータソリューション(DDS)」社長。専門学校を卒業後、設計事務所、IT通信系企業を経てDDS設立に参画。事業部長、専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。

上野和典の名言|話が続かなくても別にいいと割り切ることの大切さ


私達はバイマをなんとか成立させたいという熱い思いでなんとか困難を乗り越えていきました。

須田将啓の名言|熱い思いでなんとか困難を乗り越えてきた


時間には「消費の時間」「浪費の時間」「投資の時間」「空費の時間」という4つの時間が存在します。大事なのはこの4つの時間をどのように配分していくかです。時間の使い方が下手な人とうまい人の違いというのは、単にこの4つの配分の仕方の違いにあるんですよ。

勝間和代の名言|大事なのは4つの時間の配分


ベトナムで、現地の総領事館から食事に招かれ、日系企業の現地代表者ら約30人と会食しました。みな40~50代のバリバリ働いている人たちです。仕事を抜きに話を楽しもうと思っていたのですが、話題に中心は自然と今回の日本の大震災のことになりました。僕はいつもの通り、東電の対応の甘さや杜撰さを厳しい口調で話し、菅政権の後手後手に回るやり方を酷評しました。すると彼らが言うのです。「だけどアジアの国の人たちは、日本人を見直してますよ。震災での日本人の行動をとても評価しています」と。家も肉親も失った人。プライバシーのない避難所生活。食事もトイレも少ない環境――。こんな状況であれば他の国なら大混乱になっていた、と。こうした話は耳にしたことはありましたが、実際に外国の人たちに熱く語られると驚き、衝撃を受けました。社交辞令ではなく、本気で「日本人は誇りをもったほうがいい」と、少し前に同じ日本人をこき下ろした僕に言うのです。恥ずかしかった。僕を含めてマスコミは、批判することこそが良心と錯覚してしまっていたけれど、それは間違いだった。日本人の良さを認め、伝えることも使命であり、責任なのではないかと感じた。

田原総一朗の名言|僕を含めてマスコミは、批判することこそが良心と錯覚してしまっていたけれど、それは間違いだった


私たちは2つの耳を持つようにも鍛えられています。片方の耳で楽器の音を聞いて音程や音質を確認し、もう一方ではホールの音響やお客さんの反応をうかがうのです。自分の音を聞くだけでも大変かと思いますが、主観と客観両方から判断する耳を持てなければ一人前とは言えない。これは、ビジネスの世界にも通じるところがあるのではないでしょうか。

堤剛の名言|主観と客観両方から判断する習慣を付ける


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ