熊谷聖司の名言|困っている人を助ける信念が第一

僕らが伝えたいのは、目の前のお客様のために全力を尽くすということ。困っている人を助ける信念が第一。そのためには、認知も広めないといけない。

熊谷聖司(経営者) の経歴

熊谷聖司、くまがい・まさし。日本の経営者。データ復旧会社「デジタルデータソリューション(DDS)」社長。専門学校を卒業後、設計事務所、IT通信系企業を経てDDS設立に参画。事業部長、専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

肝心なのは、マクロトレンドがどうなっているのかに着目すること。

三木谷浩史の名言|肝心なのは、マクロトレンドがどうなっているのかに着目すること


「任天堂らしさ」とは、「人を楽しませることにどん欲」。そして「お客さんに対して誠意を持ってモノを作る」というところですかね。

宮本茂の名言|「任天堂らしさ」とは


診断過誤の背景には、自分のわかる範囲で病名を決めてしまったり、自分がわからないことを隠して病名をつけてしまう「決めつけ診断」があります。医師としての知識・技術の未熟さと独善性が背後に潜んでいるわけです。過誤があったと鑑定したケースの9割以上について、こうした問題点が認められました。

森功の名言・格言|自分の知識・技術を常にアップデートしていく重要性


中国が政治的、軍事的にどう変わるかという恐れはあるが、それを過度に気にしていたら経営はできない。コマツの場合は、中国を輸出拠点にはしていない。輸出のための生産拠点ではないから、これまで投資した金額も大きな規模ではない。しかも、それは既に回収を済ませている。それも含めて考えれば、中国経済が今後停滞する恐れがあるとしても、中国に対して消極的になる理由はない。

坂根正弘の名言|進出先が悪くなっても大丈夫な状況に持って行くことが大切


大企業はしばしば、非常に保守的になってしまいます。私の仕事は、伝統あるコカ・コーラのブランドを壊さずに、マーケティングを革新し、これまでとはもっと違うレベルに持っていくことです。

ジョセフ・トリポディの名言|保守的にならず革新していく


新しいものを生み出そうと思ったとき、やみくもに情報を集めても無駄。イノベーションを生むためには、情報をさがす前に、まず結論を考える必要があります。たとえば実話をもとにした映画「マネーボール」では、それまでは打率と打点とホームラン数しかとっていなかったところ、それまで見過ごされていた出塁率に注目して選手を獲得し、勝率が上がった。出塁率が野球に革新をもたらしたのです。つまり情報を集める前に、「出塁率が重要」というような結論を出すことが重要なのです。その結論は新しいアイデアだから、その時点ではまだ仮説(結論仮説)です。本やネットで調べても正解は出てきません。だから「出塁率が重要」となったら、試合記録などからひとつひとつ情報を取っていくしかない、ということがわかる。つまり結論仮説があってはじめて、「必要な情報は何か」や、「どうすれば取れるのか」が明確になってくるのです。

津田久資の名言|結論仮説があってはじめて、「必要な情報は何か」や、「どうすれば取れるのか」が明確になってくる


小川(八重子)さんが新聞のコラムに「ゴクゴク飲めるお茶(常茶)がいい」という随筆を書いていらしたので会いに行ったんです。これがその後の烏龍茶の普及につながったので、事業は人の縁だとつくづく感じます。

本庄八郎の名言|事業は人の縁


億万長者の医師について見ると、意外にも医学生時代はそれほど優秀でなかったという人が多い。それは、成績優秀な医学生が目指す内科や外科よりも、比較的マイナーな眼科や美容外科、皮膚科などのほうが、収入が高いからだ。また、同じ医師でも、大学病院の勤務医や教授の報酬は、開業医に比べるとはるかに低い。

橘木俊詔の名言・格言|稼いでいる医師の特徴は、比較的マイナーな分野の開業医


グループ全体で5000人以上いますから、一夜にして変わるということはありません。ただ、ヤフーのもともとのDNAがスピーディな組織文化だったので、それを思い出そうと言っています。

宮坂学の名言|原点に返ることの大切さ


コミュニケーションする上での前提は2つ。「人は自己重要感を満たしたい」「人は人の話を聞きたくない」ということ。

倉持淳子の名言|コミュニケーションする上での前提は2つ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ