藤田恭嗣の名言|素直であること、前向きであることが重要

第一に素直であること。そして、前向きであることが重要。自分が何をすべきかを最初は分からなくてもいい。しかし、いつか分かりたいとそこに向かって努力ができる人がいい。

藤田恭嗣 の経歴

藤田恭嗣、ふじた・やすし。日本の経営者。「メディアドゥ」社長。徳島県出身。名城大学在学中に起業。大学卒業と共に法人設立。その後、音楽配信事業、電子書籍事業を展開。同社を東証一部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

できれば報連相なんて面倒なことはしたくない。これが部下層の皆さんのホンネでしょう。一方の上司層は報連相を強く求めてきます。なぜなら報連相がないと、部下が何をしているのかわからないからです。だからタイミングよく的確な報連相をしてくれる部下はありがたいのです。報連相をよくすれば、上司は喜び、部下の評価は上がります。

一寸先は職にあぶれる。そんな時代には、「収入の範囲内で生活すること」が一層重要となってきます。人間は思った以上に、一度上がった生活レベルを下げることができません。それが普通になってしまうからです。これで破綻する人は、とても多い。正社員とはいえ、収入が安定しなくなっている時代です。自分の資産は自分でしっかり守る仕組みを考えましょう。

経済成長の原動力は民間企業にある。政府に「あれしろ」「これしろ」と注文を付けるのではなく、まずは民間がリスクを取る姿勢を示すべき。リスクを取ることでイノベーションは生まれる。

会話の糸口を見つけ、互いの距離を縮めるのに最も効果的なことは、相手の会社に関する時事ネタです。それもホットな、プラスの話に触れることが肝心です。相手の会社の創業記念日や社長の叙勲、担当者の栄転など、先方のお祝いごとは事前に調べて必ずチェックしておくこと。相手は、「うちにこれほど関心を持ってくれている」と嬉しい気持ちになるでしょう。それが好感度アップの第一歩です。仕事ができる人というのは、こうしたプラスアルファのひと言がさらりと言えるのです。

絶対妥協せず、とことん追求する。それを当たり前のこととしてやってきたのがセブンイレブンなのです。

会長は何をすればよいのか色々研究しましたが、決まったものは何もない。そこで社長がやりやすいように仕事の邪魔をしないことにした。会長は社長の補佐役に徹すべきです。

ストレス解消方法は存在しない。ストレスを本当になくしたいなら、その原因を解決するしかない。

地頭の召使っている者が粗暴な振る舞いをしたり、私利私欲に走った場合には、その地頭の責任であるから、気をつけて召使わねばならぬ。

他人の短所が目につきすぎる人は、経営者には向いていない。長所を効果的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる。

「決まった時刻に起床・就寝する」「7時間睡眠を取る」「日中に十分な活動(運動)をする」。これらをまずは実践してください。そうすれば、質の良い睡眠が得られるようになり、メンタルを安定させることにつながります。

ページの先頭へ