白井一幸の名言|長期にわたる仕事では、情報の共有化が欠かせない

長期にわたる仕事では、情報の共有化が欠かせない。

白井一幸 の経歴

白井一幸、しらい・かずゆき。日本のプロ野球選手(二塁手)、指導者。駒澤大学卒業後、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。引退後、野球解説者、日本ハムファイターズ球団職員、二軍総合コーチ・監督、一軍ヘッドコーチ・監督代行などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ベンチャーキャピタルという仕事柄、「大学発ベンチャーが成功するための条件は何ですか」という質問を受ける。すべての企業で言えることと思うが、技術だけではなく、製品とサービスの開発、ビジネスモデルを含めた事業の開発、資金管理や経営を含めた諸条件が必要で、それらを担う全員が協力し合って仕事をしていなければならないと思う。

郷治友孝の名言|ベンチャーが成功するための条件


やられたまま尻尾を巻いて逃げ帰るのってイヤじゃない? 「絶対に日本のやつらにオレのことを認めさせてやる」って、それまで以上に練習したよ。ちょっとでもサボれば、「ガイジンだから……」って叩かれるに決まっているから。肉離れした足でも練習して、練習しながら直したもんさ。

ラモス瑠偉の名言|「オレのことを認めさせてやる」って、それまで以上に練習した


ビジネスにはバランスも重要です。たとえば、すごくいい商品を開発したとしましょう。値段も適切だし、広告宣伝も完璧。でも、それを売る販売店の店員の数が足りていなければ、いくらお客様が来店されても対応しきれないということが起こります。すると業績はあがらない。あるいは、店舗には十分な人数の店員がいて、商品もいいし値段も適切だとしても、広告宣伝ができていないために、お客様が来てくれないということもあります。つまり、様々な要素のうち、「一番低いところに業績が合ってくる」ということです。だから、業績を引き下げる要素が出てこないように、バランスをとるべきなのです。

澤田秀雄の名言|ビジネスの様々な要素のうち、一番低いところに業績が合ってくる


生来、粗にして野だが卑ではないつもりだ。丁寧な言葉を使おうと思っても、生まれつきでできない。無理に使うと、マンキー(山猿)が裃を着たような、おかしなことになる。無礼なことがあれば、よろしくお願いしたい。

石田禮助の名言・格言|粗にして野だが卑ではない


私は、「大企業の管理職は半分に減らしても業務は回る。むしろ減らしたほうがスピードアップする」とよくいっています。管理職の人は「自分たちだって忙しい」というかもしれませんが、その仕事の多くは社内調整のための会議や打ち合わせで、売上アップにもコスト削減にもつながっていません。じゃあなんでそんな無駄なことをやるかといえば、失敗したときに一人で責任を取りたくないからです。

冨山和彦の名言|大企業の管理職は半分にしても業務は回る


戦後60年近くが経ち、企業や経済のシステムにも老いが目立ってきました。予算がない、人材がいない、経済が悪い、政府が悪いなどと不満を並べていても何も変わりません。いまある資源でなんとか突破口を見出すしかありません。ビジネスのために人間があるのではなく、人間が人間らしく生きるためにビジネスがある。こんな時代にこそ原点に戻って再出発することが必要でしょう。環境の変化に老練な知恵で適応する生き方上手な企業の登場に期待したいと思います。

日野原重明の名言・格言|日本経済は原点に戻って再出発する必要がある


最近、成功するベンチャーは地方が多い。東京ではちょっと成功すると寄ってたかって遊びに行くけど、地方は誘惑が少ないですからね。

永守重信の名言|地方のベンチャーが成功しやすい理由


最高の提案をするために、今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める、そうでないならば頭を冷やして翌日議論を深める。

岡村正の名言|今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める


子供のころに読んだ可愛いブタが主人公の絵本が大好きで、将来はブタと暮らせる仕事がしたいと思っていました。養豚場は、いずれ肉になる豚を育てるからつらい。ほかに何か良い方法はないかな、と思っていたところ、南仏のトリュフ探しで、ブタが活躍することを知りました。ブタと暮らせて貴重なトリュフも採れるなんて、一石二鳥だ!と思って、とにかくフランスへ行ってみよう。それも感性が柔らかい10代のうちに行くんだと、高校時代に目標を立てました。
【覚書き|大学でフランス文学を専攻し、フランス料理を学ぶ選択した理由について語った言葉】

柿沢安耶の名言|パティシエになったきっかけはブタから


コピーライター時代の「絶対に一つだけのアングルから物事を見ない」で考え抜くという姿勢が、小説に役立ちました。「世間に出回っている通説は、すべていったん洗濯してから自分の辞書に収める」ことは、小説の書き手としてのエチケットであり、マナーでしょう。

青山文平の名言|世間に出回っている通説は、すべていったん洗濯してから自分の辞書に収める


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ