クラウゼヴィッツの名言|軍の戦力は、これを指揮する将帥の精神によって決まる

軍の戦力は、これを指揮する将帥の精神によって決まる。

クラウゼヴィッツ の経歴

カール・フォン・クラウゼヴィッツ。プロイセンの軍人、戦略家、軍事学者。ナポレオン戦争従軍、ロシアでの対ナポレオン防衛戦などに参加。プロイセン第三軍参謀長などを務める。実戦経験をふまえて「戦争論」を著した。39歳、心臓麻痺にてこの世を去る。戦争論は死後、妻と協力者の手によりまとめられ発表された。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今後、国内では量よりも質の勝負になります。日本でしかつくれない製品、当社でしか実現できない超高品質ばねにこだわります。そうすれば、国内にいながら海外市場も開拓できるはずです。そしていかに世界のお客様に具体的かつ積極的に提案していけるか。そこへのチャレンジを続けていくことが使命だと思っています。

家電メーカーが集落したのは顧客との接点を量販店に任せたからです。グーグルやアマゾンは直接ユーザーにリーチしています。「お客様のために」へ、もう一度立ちかえってやっていきたいです。

一人で生きてきたわけではありません。多くの方に支えられて、競技を続けてきたんです。とくに、母の後押しには感謝しています。私の人生で、幾度となく訪れる転機で、母は決断を支えてくれました。といっても、強い後押しではありません。競技人生の道はいつも自分で選んできたのですが、その都度、母は「その選択がいいと思っていた」と言ってくれました。

僕の車に乗せると「いい車だね」と喜んでくれるのに、自分は特注の車を持っていたりする金持ちがいる。彼らは絶対に自慢しない。自慢しない自慢。物をよく知っている人間は、えてしてそういうものなんです。

手帳を隙間なく書いても、仕事の質とは関係ありません。余白をあえて作り、そこで新しい仕事を作る時間と意識づけています。

最初は10の困難がやってくる。それを乗り切れば次は20の困難を乗り切れる。次は30はいけます。何にも経験していないと分からない。だからやっぱり強くなるには挫折が必要です。

監督は広報担当も兼任しなきゃいかんと思っています。なぜかというと、プロ野球は人気商売だからです。いまのファンは試合を見るだけでは満足しません。新聞を読んだり、テレビを観たりして、球団の裏側を覗きたがるわけだから、そういうものをファンに提供する義務が監督としてあると思います。マスコミとうまく付き合わなければ、プロ野球は成り立ちません。最近、マスコミ嫌いで通している監督がいますが、あれはプロ意識が足りないと思います。

笑いは消化を助ける。胃散よりはるかに効く。

リスク管理の高度化や内部統制を厳格化するのは当然ですが、そのうえで、お客様目線の徹底という基本に立ち返る必要があると感じています。保険業界はもともと規制業種でしたから、マーケティングやお客様ニーズの把握などは不得手なほうです。しかし今後は、お客様の信頼を得てはじめて成長を語れるのだということを肝に銘じていきたいと思います。

一歩引いた目線で視野を広げれば、一段高い次元で物事を捉えられて、気持ちに少し余裕が生まれる。「迷っても仕方ない」と思えるので、「やるしかない」という前向きな思考で挑戦できます。

ページの先頭へ