新将命の名言|品質の前に人質(じんしつ)

優れた社員は優れた仕事をするもの。品質の前に人質(じんしつ)。勝ち残っている会社は、宗教的ともいえるほどの情熱を傾けて人材育成をやっている。

新将命 の経歴

新将命、あたらし・まさみ。日本の経営者。東京都出身。リーダー人材開発の国際ビジネスブレイン社長。早稲田大学卒業後、シェル石油を経て日本コカコーラに入社。ブランドマネジャー、関西営業部長、市場開発本部長などを務めたのち、コカコーラカンパニーオブ・カリフォルニアでマーケティングを担当。ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人常務、専務、社長、日本サラ・リー社長、サラ・リー米国本社副社長、日本フィリップス副社長、日本ホールマーク社長などを務めた。主な著書に『経営の教科書』『決断の作法』『伝説の外資トップが説くリーダーの教科書』『伝説の外資トップが説く働き方の教科書』『自分を高める会社を探す99の鉄則』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

美味しいものを食べて、カラオケに。楽しく歌って発散してからよく寝る。起きたら、わりと大丈夫です(笑)。
【覚え書き|ストレス解消法について】

多部未華子の名言|ストレス解消法


雑談力をつけるには本を読むことが近道だ。その場合のジャンルは2つある。ひとつ目は、学術書の内容をわかりやすい言葉で言い換えた教養本だ。特に経済学、歴史に関する本を読む。そうすれば、イスラーム教徒を相手に豚肉や酒の話をするというような初歩的なミスは犯さない。2つ目は小説とノンフィクションの文学作品だ。ノンフィクションでは、自伝、評伝、当事者手記がいい。一人一人の人生には、時間的・地理的・能力的に限界がある。だから、小説やノンフィクションで様々な人生を代理経験するのである。

佐藤優の名言|雑談力をつける本の選び方


自分はなぜ勉強するのか、将来何をしたいのか。学びの根っこにあるのはそこ。

永瀬昭幸の名言|学びの根っこにあるもの


私は、顧客に会うときの服装を、あえてラフにしています。ベージュのスーツだったり、ジャケットにパンツを組み合わせたり、ノーネクタイだったり。これは「私はあなたがたと同じ存在ではない」と伝えるためです。ダークスーツが常識だと思っている人たちに対して、「私は常識どおりの仕事はしません。コンサルタントとして、社内の人間とは違う視点を持ち、異なる意見を言える人間です」ということを、服装で伝えるのです。これは確かに、ハイリスク・ハイリターンかもしれません。人によっては、失礼だと感じる人もいるかもしれない。しかし、何らかのチャレンジをしなくては、信頼というリターンを得ることもできないのではないでしょうか。「自分はこういう存在なのだ」と売り込むことが、結局は、相手の信頼を得るための一番の方法なので。

三谷宏治の名言|「自分はこういう存在なのだ」と売り込むことが、相手の信頼を得るための一番の方法


困難な目標に挑戦する場合、一気に達成しようとするよりも、いくつかの小さな目標に分割し、段階を追って達成していく方が、高い業績が得られます。たとえば、一年先に達成すべき目標が120なら、これを3か月ごとに30の目標に分割して達成を目指す方が、結果的に高い業績を得られるということです。

角山剛の名言|目標は小さな中目標に分割する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ