八巻大介の名言|人を大切にしない会社は、生き残れない

人を大切にしない会社は、生き残れない。人に来てもらえなくなれば、会社を存続することはできない。

八巻大介 の経歴

八巻大介、やまき・だいすけ。日本の経営者。「つくば食品」社長。高校卒業後、食品会社勤務を経て家業のつくば食品に入社。取締役などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

かつて正しいと思われていたものがイノベーションによって変わってしまう。

事業成功のポイントは企画にあります。業界の固定観念に囚われない発想で自らのビジョンを考え、具体的な事業企画を立てたのち、即行動に移すことが重要です。

社外に目を向け、しがらみのない10歳年下、そして、10歳年上の友人を持つといいでしょう。年下の友人からは、新しい価値観や時代の流れに乗った刺激をもらうことができます。自分の感覚を若く保つことが可能です。逆に10年先を歩いている人生の先達と一緒に行動していると、自分の未熟さが見えてくることも多いのです。

とくに営業マンの方にとっては、声はお客様とつながるパイプのようなものです。そして、人間の印象の約4割は、声の質、トーン、速さ、大きさといったもので決まっているのです。好かれる声は意識して訓練すれば身につけることができます。これを身につけない手はないでしょう。

データサイエンティストの仕事の90%以上を自動化したい。まさにそれが、DataRobotを開発した目的。根本にあるのは、「AIや機械学習を民主化する」という思い。ノンプログラミングで導入でき、ワンクリックで高精度なモデルを作成できる。そんな仕組みでデータサイエンスを多くの人に開放したい。

もしあなたが、「英語は頑張って勉強するものだ」と感じているなら、それは主に学生時代に染みついた「英語の勉強はたいへんだ」という嫌なイメージがあるからです。こうしたマイナスイメージを払拭できれば、英語学習は格段にやりやすくなります。

環境変化に取り残された企業はほとんどが消滅しています。やはりどれだけ組織の規模が大きくても、環境が変わったと感じたら真っ先に動かなければならない。僕たちにはこの10年を振り返って、環境変化に対する耐性が身についていると思います。

社員への働きかけでは、私にも失敗があります。社長就任直後、身近にいた役員を飛び越して、社員全員に改革をアピールしました。ところが、疎外感を抱いた役員との間で軋轢が生じ、状況はより悪くなってしまいました。改革は一人ではできません。全員とコミュニケーションをはかるのは物理的に不可能ですが、直属の部下を無視してはいけません。

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。

具体的な営業の数値や利益、どんな波及効果があるかといった目標は、もちろん重要だと思います。しかし、人や組織は効果や利益を追求する「定量的」発想だけでなく、情熱や一体感、喜怒哀楽といった「定性的」なものでこそ力強く動けるものなのかもしれません。上司としてはそういう目標を設定できるかどうかが重要なのではないかと考えています。

ページの先頭へ