出雲充の名言|心からそれが好きかだけが問われる

要は本気かどうか、心からそれが好きかだけが問われる。とてもシンプルなこと。人が本気でやっているか、心の底から好きでやっているかは、少し話せばすぐにわかる。

出雲充 の経歴

出雲充、いずも・みつる。日本の経営者。ユーグレナ社長。東京大学文科三類に入学。在学中にスタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」に日本代表として出席。3年時に東京大学農学部に転部。東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。その後、株式会社ユーグレナを創業。ユーグレナ(ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。ミドリムシで世界の食糧問題、エネルギー問題を解決するために活動した。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』『東大に入るということ、東大を出るということ』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

チームを指導していると、メンバーの一人が、これまで誰もできなかったことができるようになる瞬間があります。この瞬間、まわりのメンバーもそれに気づいて、チームがガラッと変わります。なぜなら、一人ができれば、その人を見本にしてチーム全員ができるようになるからです。人間は、見て学ぶ能力が非常に高い動物です。だから、「○○さんの動きをよく見て練習しなさい」と言えば、遅かれ早かれ、全員ができるようになります。

井村雅代の名言|人間は、見て学ぶ能力が非常に高い動物


書を読む際は、生きた人生に連想が及ぶことが必要だ。それを頭がひらめくという。学問が身についてきた証拠だ。

安岡正篤の名言|効果的な本の読み方


とくに日本の大企業に当てはまるケースですが、気がつかないうちに組織が肥大化しています。一人の人間が生き生きと采配を振るえる事業規模を超えているのです。だから、一人ひとりの能力や仕事の成果もわかりにくいし、責任もとりにくい。それならば、まずは自分たちで采配を振るえるように、事業を「手に負える」規模に細分化しなくてはいけません。

三枝匡の名言|大企業病克服は組織を小さく分割するところから


未熟であっても、どんな苦境に立たされても、相手の信頼を得られれば発展していける。

佐藤洋二の名言|相手の信頼を得ることが大切


クルマは景気が良いときなら誰でも売れます。肝心なのは、悪いときにどれだけ踏ん張れるか。

斎藤徹の名言|肝心なのは、悪いときにどれだけ踏ん張れるか


ECサイトにおいても、商品を購入してもらうためには、商品そのものの魅力だけでなく、スタッフや生産者、開発者など人の顔を出した方が良いと言われています。また、ECサイトにおいても実店舗と同じく、顧客一人一人に合わせた接客が重視されています。そうすることで信頼感が生まれるのです。顔を見ずに様々なことができるようになった時代だからこそ、判断基準として「人」というものがより重視されているのです。

小林亮介の名言|顔を見ずに様々なことができるようになった時代だからこそ、判断基準として「人」というものがより重視されている


船で目的地に向かうとする。方位を定めて、誰かが舵を持っている。でも、潮の流れや風の影響で少しコースからズレたりすることもある。船長がそれを許せなかったら、「こうやるんだ!」と絶えず舵を持っていなければならない。船長がやるべきことは、小さなズレを自らの手で修正することではなく、潮や風の大きな流れをしっかり見て大局的な判断をすること。

小山勝弘の名言|船長がやるべきことは、大局的な判断をすること


日本には優れたリーダーはあまりいませんが、優れたキャプテンは結構います。サッカー日本代表の長谷部誠選手のようなチームを束ねることができるキャプテンです。キャプテンなら日本人の力量でもできる。ほかのメンバーと一緒に汗を流してやっていくキャプテンは日本人に向いているのでしょう。しかし、良いキャプテンが良い監督かというと、必ずしもそうではありません。

遠藤功の名言|日本にはリーダーは少ないがキャプテンは多い


1つのビジネスモデルが崩れたとき、それを早く補強する次なるモデルを打ち出していくことがポイント。

松井忠三の名言|次なるモデルを打ち出していくことがポイント


日本企業の生産性が低下しているのは、力の入れどころを勘違いし、余計なところにパワーを注いでいるのが大きな原因です。その問題点を見直し、仕組化やルール化によってメンバーが本来の実力を発揮できる環境をつくることこそ、いま課長に求められるマネジメントではないでしょうか。

岡田充弘の名言|日本企業の生産性が低下している原因


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ