出雲充の名言|心からそれが好きかだけが問われる

要は本気かどうか、心からそれが好きかだけが問われる。とてもシンプルなこと。人が本気でやっているか、心の底から好きでやっているかは、少し話せばすぐにわかる。

出雲充 の経歴

出雲充、いずも・みつる。日本の経営者。ユーグレナ社長。東京大学文科三類に入学。在学中にスタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」に日本代表として出席。3年時に東京大学農学部に転部。東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。その後、株式会社ユーグレナを創業。ユーグレナ(ミドリムシ)の食用屋外大量培養に世界で初めて成功。ミドリムシで世界の食糧問題、エネルギー問題を解決するために活動した。著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』『東大に入るということ、東大を出るということ』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ガバナンスで大事なのは平時。それが利いていないから有事を招くことになる。

冨山和彦の名言|ガバナンスで大事なのは平時


会社の仲間と飲み会に行くと上司の悪口を言って盛り上がりがちです。これはストレス発散しているつもりで、心の中でストレスを感じた場面を再現しているわけですから自律神経やホルモンバランスが再び乱れ、ストレスが倍増するだけ。社会的にも生産的ではありません。

石川善樹の名言|悪口を言って盛り上がるのはストレスが倍増するだけ


中国法人社長時代、重視したのは、業務を現地のスタッフに任せること。日本から派遣された人材になるべく依存せずに、現地スタッフの自立心ややる気を高めるのが狙いです。

中尾清の名言|業務を現地のスタッフに任せた理由


僕は、世の中がデフレになりかけた時期に、「安い、安いでいいのかしら」という百貨店の広告を作ったことがあるんです。このときにはすでに広告コピーまで「安い」が最も効果的な言葉になってしまっていました。けれど、「安い」ことが一番の価値なら、広告をするより値段を下げたほうがいいし、そうした「安い」を追い求める流れが、いい流れのようには思えませんでした。「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」で最初のTシャツを作ったときも、たくさん作ったことで原価は安くなったけれど、安さで勝負する気はなく、やっぱり動機が大事だったんです。仲間と一緒に着られるTシャツを作りたい。その時に、買ってくれる人がいると原価が下がるから、よかったら買いませんか?というくらいの気持ちでした。そしたら、欲しいと言ってくれる人がけっこういた。3000枚売れたのですが、まさかそんなに売れるとは思っていませんでした。

糸井重里の名言|安いを追い求める流れが、いい流れのようには思えない


なぜ、短期間の仕事がよくないのかというと、短いサイクルだけで仕事が回ることになると、そもそも「長く持つ必要のない仕事」が求められてしまうからです。

佐藤卓の名言|短期間の仕事が良くない理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ