樋口武男の名言|経験にもとづく勘が大事

経験にもとづく勘が大事。迅速に決断すれば、次の先手を打つことができる。理屈は後からでいい。

樋口武男 の経歴

樋口武男、ひぐち・たけお。日本の経営者。大和ハウス工業会長。兵庫県出身。関西学院大学法学部卒業後、鉄鋼商社の太源株式会社を経て大和ハウス工業に入社。東京支社特建事業部部長、取締役、常務、専務、子会社の大和団地社長などを務めたのち、大和ハウスによる大和団地の吸収合併で大和ハウス工業社長に就任。同社の改革に成功し、同社を業界トップに引き上げた経営者。そのほか、大阪シンフォニカー協会理事長なども務めた。主な著書に『熱湯経営「大組織病」に勝つ』『先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

10年以上ウェブ編集者として活動してきましたが、「会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる」と感じています。それほどタイトルの影響は大きいわけです。

中川淳一郎の名言|会心のタイトルをつければ記事へのアクセス数は30~50%ほど伸びる


人の頼みを断わるときに落ち着いて対応する秘訣として、日常的な準備も重要です。そのひとつは、断わる口実を作ることです。断わる言葉のあとに、理由として添えるストーリーを用意しましょう。特に、家庭の事情や介護などの理由であれば、こちらから最初にある程度具体的に話しておけば、配慮してもらえることが多いのではないでしょうか。

神岡真司の名言|人の頼みを断るときの前準備


ゼロから1を作るより、1を沢山見つけて10にすることがブームを作る。その場所でゼロから1に見えればいい。

中村貞裕の名言|1を沢山見つけて10にすることがブームを作る


私の座右の銘は熟慮断行です。

大橋徹二の名言|熟慮断行


この世で、恐怖心ほど多くの人々を屈服させたものはない。

エマーソンの名言|この世で、恐怖心ほど多くの人々を屈服させたものはない


交渉の場所は、いわゆるホームかアウェーか悩むところですが、もし選べるのなら断然ホームグラウンドをお勧めします。なんといっても、交渉に臨む空間の使い勝手がわかっているのが強みです。たとえば、座る位置ひとつとっても、自分でコントロールできるのです。交渉相手と対面に座ると圧迫感を与えてしまいがちですから、可能なら斜め45度くらいに向き合う状態にセットしておくと、話が進みやすいと思います。

西野浩輝の名言・格言|交渉の場所はできる限り自分のホームグラウンドで行う


「自分のお店を持って、人々の舌を魅了したいという夢を、無一文でコネもない自分が実現するには、世界的なコンクールで優勝して自分の力を示すしかない」そう確信していたので、それを達成するためにひたすら技術を磨いていました。だから、職場の仲間から競馬やパチンコに誘われても、一切付き合いませんでした。

辻口博啓の名言|自分の目標に集中する重要性


私は決断するのは本来苦手ですし、そもそも決断という言葉も好きじゃありません。でも二つの会社の経営者で、学校の学長でもありますから、当然、決断すべきことはたくさんあります。それで自分なりに気持ちを切り替える方法を見つけたんです。その日の最後に1~2時間、仕事以外のことに没頭するのです。私は企業小説、とりわけ高杉良さんの小説とサスペンスドラマが大好きです。だから、夜寝る前に、それらを読んだり観たりします。この時間はとても貴重で、仕事のことを一切忘れてどっぷり浸かります。そうすると、いったん頭が空っぽになってスッキリします。それで気持ちがリフレッシュして、重要な決断にも向き合えるようになります。

伊藤美恵の名言|決断力をあげるには


僕はテレビなどにも積極的に出ます。見られている職業だと意識して、持ち物やファッションにもこだわります。そうやって目立つ分、「サッカーに集中しろ」なんてバッシングも受けます。アンチも増える。でも、そんな批判さえも力になっています。最初のサンフレッチェ広島時代のような無関心が一番寂しいから。

槙野智章の名言|批判されるよりも無関心の方が寂しい


接待では、日常のビジネスを越えた人間同士のつき合いとして、相手への敬意を忘れずにもてなし役に徹しましょう。それがゆくゆくは発展的な関係を生み出す礎となっていくはずです。

大久保直子の名言|接待では相手への敬意を忘れずに


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ