樋口武男の名言|経験にもとづく勘が大事

経験にもとづく勘が大事。迅速に決断すれば、次の先手を打つことができる。理屈は後からでいい。

樋口武男 の経歴

樋口武男、ひぐち・たけお。日本の経営者。大和ハウス工業会長。兵庫県出身。関西学院大学法学部卒業後、鉄鋼商社の太源株式会社を経て大和ハウス工業に入社。東京支社特建事業部部長、取締役、常務、専務、子会社の大和団地社長などを務めたのち、大和ハウスによる大和団地の吸収合併で大和ハウス工業社長に就任。同社の改革に成功し、同社を業界トップに引き上げた経営者。そのほか、大阪シンフォニカー協会理事長なども務めた。主な著書に『熱湯経営「大組織病」に勝つ』『先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。

(海外の競合他社と比べて)足りないことはいっぱいあると思いますが、ひとつ挙げるとすれば組織能力でしょう。海外事業あるいは国内事業、グループ全体を横串にして、しっかりと収益を上げていく。国内人材はそこそこいますが、グローバルで活躍できる人材の育成も必要になるでしょう。日本人がグローバルになるだけではなくて、外国人にも来てもらう。多様性を受け入れられるような文化も作っていかなければなと思います。

オフィスの片づけは、まず引き出しや棚の中のモノを、すべて出してもらいます。すると各自が持ち物の総量を把握できます。不要な持ち物にも気づくでしょう。

どこかで自分の一部を「リストラ」するタイミングは、誰にでもあるはずです。でも、リストラされたほうの経験も、必ずいつか生きてくるはずです。

売れない商品を作ると恥ずかしいと思うかもしれませんが、売れなかった商品なんて誰も覚えてないですよ。

幸いなことに、暖房器具から出るガスから二酸化炭素を抽出し、ハウス栽培している農作物にふきかけて光合成を促進する装置の開発にめどがつきました。これはクルマの排ガス処理装置向けの技術を生かしたものです。自動車向け事業では基礎固めを徹底する。一方で新規事業の育成にも励む。この2つに、腰を据えて取り組んでいきたい。

うちでは管理職は立候補制なんです。人事部が評価して人材を抜擢するシステムだと自由がないじゃないですか。だから、自分はもう管理職やれるよという人は立候補してもらう制度にしています。

不思議なもので、本の内容は身銭を切らないと決して頭に入らないのです。ブックオフを利用してもいいから、身銭を切ること。すると切実さが違ってきます。自然と一生懸命に読もうという心構えになります。

「検討します」ではなく「検討していつまでに回答します」と答える。こうすれば倍のスピードになります。

当社は全社的に社会貢献意識を忘れず、王道を歩み続けます。この意識が半端な状態では必ずボロが出て会社が危機に瀕することにもなる。

ページの先頭へ