新将命の名言|顧客満足と社会満足を実現しなければ、市場から撤退を迫られるのは時間の問題

顧客満足と社会満足を実現しなければ、市場から撤退を迫られるのは時間の問題。社会満足とは社会に対する貢献度。

新将命 の経歴

新将命、あたらし・まさみ。日本の経営者。東京都出身。リーダー人材開発の国際ビジネスブレイン社長。早稲田大学卒業後、シェル石油を経て日本コカコーラに入社。ブランドマネジャー、関西営業部長、市場開発本部長などを務めたのち、コカコーラカンパニーオブ・カリフォルニアでマーケティングを担当。ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人常務、専務、社長、日本サラ・リー社長、サラ・リー米国本社副社長、日本フィリップス副社長、日本ホールマーク社長などを務めた。主な著書に『経営の教科書』『決断の作法』『伝説の外資トップが説くリーダーの教科書』『伝説の外資トップが説く働き方の教科書』『自分を高める会社を探す99の鉄則』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私自身、あらゆる仕事は仮説から始めます。

いつ、いかなるときでもいろんな人とのパイプをつくるようにしています。共産党の先生方とも社民党の先生方とも自民党の先生方とも、党派を超えて日常的に付き合うことで、人間関係が増えていくわけです。

ビジネス文書は、たいてい読み手が限られています。ただ、その場合も相手の想定は一人に絞った方がいい。たとえば部長に企画書を提出するなら、部長に向けて書くべきです。そのあと、本部長、役員が読むかもと考え始めるときりがありません。目の前の人を説得できずにその先にいる人を説得できるはずがありません。遠くを見すぎては駄目です。まず目の前の相手に語るべきです。

ACCESSを経営していたころから、常に技術の進化が必要と思っていました。良い技術であっても、進化をしないとすぐに追いつかれます。特許で抑えても、大企業が本気でやれば周辺特許を抑えられてしまいます。継続的に進化するものでないと、長期的なビジネスは成功しません。そうでない場合は割りきって、優位性があるうちに売ったほうが良いです。

僕は自分のことをプログラマーではなく、企画者だと考えているんです。

自らに厳しい人ほど、人に優しくなれる。そして厳しいことをやってきた人ほど、小さな喜びを大きく感ずる。

私は新しい会社を立ち上げたとき、「みんな3年間は我慢してくれ」と言いました。今、ものすごいハードワークですが、みんな嬉々としてやってくれていますよ。ビジョンを共有しているからですね。

ビッグデータは、データを機械に投入しコロコロと回せば答えが出るというものではない。営業や製造部門などデータを活用するビジネス現場の社員と、情報分析専門の社員が協働し、計画、実践、フィードバックを循環させないとうまくいかない。

ときには運のせいにせざるを得ないほど理不尽で、辛い経験をすることもあるでしょう。そのようなとき、私が携わっているカウンセリングの現場では、「問題があること」自体はじつは問題ではなく、「問題によって悩み、ストレスを抱えること」のほうが大きな問題だと捉えます。ですから、場合によっては、とりあえずのところ、不本意な結果は運のせいにして、あとは本人が少しずつ課題に目が向けられるようにサポートしていく、という方法を採ることもあります。しかし、それはあくまで一時的な処置であり、いつまでも運のせいにしていたのでは成功は望めません。やるべきことに取り組まないで、「運がよくならないかなぁ」と神頼みをしている自分に気づいたとしたら、そこからがスタートなのです。

僕は社内で人の二番煎じをやったことはありません。

ページの先頭へ