新将命の名言|我流・自己流を通す会社は、早晩、壁にぶつかってしまう

原理原則を守らず我流・自己流を通す会社は、ある程度までなら伸びますが、早晩、壁にぶつかってしまう。

新将命 の経歴

新将命、あたらし・まさみ。日本の経営者。東京都出身。リーダー人材開発の国際ビジネスブレイン社長。早稲田大学卒業後、シェル石油を経て日本コカコーラに入社。ブランドマネジャー、関西営業部長、市場開発本部長などを務めたのち、コカコーラカンパニーオブ・カリフォルニアでマーケティングを担当。ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人常務、専務、社長、日本サラ・リー社長、サラ・リー米国本社副社長、日本フィリップス副社長、日本ホールマーク社長などを務めた。主な著書に『経営の教科書』『決断の作法』『伝説の外資トップが説くリーダーの教科書』『伝説の外資トップが説く働き方の教科書』『自分を高める会社を探す99の鉄則』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

組織のリーダーは常に部下や周囲へのメッセージを発信し続けなければいけないと言われますが、組織をまとめるためにはそれだけであってはダメで、部下のやっていることを直接聞かなくてはいけません。

数土文夫の名言・格言|リーダーは自分のメッセージを発信するだけでなく、部下の言葉を聞け


市場開発をする上では、製品スペックだけでは顧客が採用・購入する理由になりにくい。儀礼的な会社同士のつきあいだけでなく、人・技術の信頼関係が重要。

角倉護の名言|人・技術の信頼関係が重要


足元の事業環境は非常に好調です。都市再開発や商業施設の新設など東京五輪が開催される2020年までは建設需要が旺盛だとみています。しかし、その後は中長期的に国内市場の縮小は避けられない状況です。これまでのように、ビルをただ建設するだけでは経営が行き詰まることは目に見えています付加価値ある提案ができる会社への変身が必要です。次世代電力計(スマートメーター)を活用したオフィスビルでの節電実験を味の素などと協力して開始します。省エネに関するノウハウを集め、他のゼネコンにはない独自の強みとしていきたい。

井上和幸の名言|好調でも将来に向けて独自の強みをつくる


私は幼稚園時代の先生から手紙をもらったが、その中で先生は、「私について一番よく覚えているのが際限なく質問する子だったことです」と書いていた。私は先生への返事に、三つ子の魂百までとはよくいったもので私はいまだに際限なく質問しますと書いた。しかし質問癖は明らかに私のためになったと書き添え、遠い昔、辛抱強く私に付き合ってくれた先生に遅ればせながら感謝した。私の質問の一つひとつは次の質問の始まりだったのだ。

ドナルド・トランプの名言|質問は次の質問の始まり


私は普段、仕事の優先順位を意識することはほとんどありません。目標に向かって必要なことだけをやるようにしているので、それに合致しないものにはそもそも手を付けないのです。

上野和典の名言・格言|目標に必要なこと以外は手を付けない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ