新将命の名言|我流・自己流を通す会社は、早晩、壁にぶつかってしまう

原理原則を守らず我流・自己流を通す会社は、ある程度までなら伸びますが、早晩、壁にぶつかってしまう。

新将命 の経歴

新将命、あたらし・まさみ。日本の経営者。東京都出身。リーダー人材開発の国際ビジネスブレイン社長。早稲田大学卒業後、シェル石油を経て日本コカコーラに入社。ブランドマネジャー、関西営業部長、市場開発本部長などを務めたのち、コカコーラカンパニーオブ・カリフォルニアでマーケティングを担当。ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人常務、専務、社長、日本サラ・リー社長、サラ・リー米国本社副社長、日本フィリップス副社長、日本ホールマーク社長などを務めた。主な著書に『経営の教科書』『決断の作法』『伝説の外資トップが説くリーダーの教科書』『伝説の外資トップが説く働き方の教科書』『自分を高める会社を探す99の鉄則』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今後、社員に鍛えてもらいたいのは「瞬発力」です。正直、2年目の今年は業績面でも厳しい。じっくり考えてから計画を立てていくほどの余裕はない。だから、何か状況が変わった時に一瞬で動くための瞬発力を持たないとあかん。

高橋興三の名言|瞬発力を持たないとあかん


JALは公的な航空運送事業者であるという意識が強すぎたため、民間企業として利益を生み出さなくてはならないという意識が乏しかった面があります。これからは、この両面をしっかりとにらんで経営をしていかなければなりません。

大西賢の名言|利益を生み出さなくてはならないという意識の大切さ


僕のゲームは日常のちょっとした着想から生まれるのですが、「世の中にあるものはやらない」「同じことは続けない」が考え方のベース。二番煎じは楽だけど、それでは先細りするだけ。

斉藤由多加の名言|二番煎じは楽だけど、それでは先細りするだけ


川のこちら側にいれば、向こう側のことはわからない。ひとつ川を渡ってみようじゃないか。
【覚え書き|革命した後のことについて聞かれたときの返答】

ルイ・オーギュスト・ブランキの名言|川のこちら側にいれば、向こう側のことはわからない。


イノベーションをわが国を代表する言葉にするためにすべての企業人は自らイノベーターたらんと、専門領域で研究開発、発明、発見に力を入れてほしい。

村田昭治の名言|企業人は自らイノベーターたれ


かつて豊かさとは大量消費を指していた。だが、日本は人口減少に直面して、世界で初めて新しい豊かさに気付く。その価値観を輸出すればいい。

金井政明の名言|価値観を輸出する


過去は変えることができない。しかし、自分と未来は変えられる。

中井政嗣の名言|過去は変えることができない。しかし、自分と未来は変えられる。


根本原因までさかのぼれば、先の戦争にその原因があると私は考えています。日本は第二次世界大戦で誰も望まない戦争に突入した。望まない戦争に人を送り出すには、命令で従わせるしかない。戦後、そうして人を動かしてきた人たちが、同じやり方で会社組織を運営してきた。そんな時代はとっくに終わっているのに、まだその意識が抜けないのが、コミュニケーション不全の遠因だと思います。

佐藤康行の名言|コミュニケーション不全の遠因


画期的なイノベーションとは、計画的につくりだせるものではなく、徐々に理想の形を見つけ出す陶芸のようなプロセス。

小山龍介の名言|画期的なイノベーションとは、陶芸のようなプロセス


情報の取り方の要諦は、誰がキーパーソンなのかをつかむことです。社長になって、いろんなことを判断するときに、専務だ役員だと単に地位が上だからという理由で話を聞いても役に立たない場合があります。もっと下の立場の人間でも、正しく現状を把握しているキーマンから聞いた方が判断は正確になります。それと同時に、その情報は検証しなければいけません。

岡藤正広の名言|情報収集の要諦はキーパーソン探しと情報の検証


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ