田崎太郎の名言|ビジョンを明確に話し、共感してもらう

ビジョンを明確に話し、共感してもらう。そうすることで、全員で同じ目標に向かっていくことができる。

田崎太郎(経営者) の経歴

田崎太郎、たさき・たろう。日本の経営者。「ユビニティー」社長。環境系成長ベンチャー事業部長、子会社取締役などを経てユビニティーを設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

漫画界には、「限界まで身体に鞭打ってこそ素晴らしい創作活動ができる」という美学、もとい「幻想」があります(笑)。最初は私もその価値観に慣れていましたが、デビューから10年が経ち、自作が売れ、自信がついてきた頃から、「別の方法でもいい作品は作れるはず」と考えるようになったのです。

三田紀房の名言|業界の価値観を疑ってみる


僕はベンチャー起業家と言われるより小売業の経営者と呼ばれたい。小売業の中でしっかりした会社だと評価されたい。僕らの仕事は日々、売り場に立って、一生懸命に売ることです。毎日が戦いと言っていい。いい加減な仕事をしたらすぐに脱落してしまいます。小売りの世界で最終的に勝っている企業を見てみると、地道に仕事しているところしか残っていません。

柳井正の名言・格言|ベンチャー起業家よりも、小売業の経営者と呼ばれたい


ビジネスパーソンに必要な数字力は、「仕事の数字」「会社の数字」「経済の数字」の3つ。数字が苦手なビジネスパーソンがまず押さえるべきは仕事の中で使う「仕事の数字」。

望月実の名言|数字が苦手なビジネスパーソンがまず押さえるべきは仕事の中で使う「仕事の数字」


この数年、経営環境が苦しくても、他社が人員削減を進める中、当社はリストラをしないで頑張ってきました。経営環境がよくなってきた今、反転攻勢をかけるための従業員がうちには残っています。

野村和史の名言|人員削減をしてはいけない理由


カタールのドーハ国際空港の一期工事を担当したときのことです。現場を見た発注者が「こんなに綺麗な工事現場は見たことがない」と言っていました。工事をスタートさせた時点から、現場が整然としていたのです。そうした小さな信用が積み重なって、二期工事も三期工事も受注することができました。現場が整然としていることは、これほど重要なことなのです。

山内隆司の名言|現場が整然としていることは信頼を生む


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ