松下幸之助の名言|成功する会社は成功するようにやっている

成功する会社は成功するようにやっている。
失敗する会社は失敗するようにやっている。

松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同僚や家族といった近くて強い繋がりだけでは、同じ情報が回るだけで新鮮な情報が入ってこない。ネット上の友人やパーティーで知り合った知人など、たまにしか会わないコミュニティが不可欠。「弱い紐帯(ちゅうたい)」を増やすことで、いままでの自分にはない世界が広がる。

生きることは、忘れながら前に進んでいくことでもあると思っています。

自分の成果に対して、悲観や楽観ではなく、「客観」であたることが大切。ときには成果の出せないこともある。「そんなこともあるさ」と淡々と客観視できる人のほうが伸びる。

ハードウェア自体で差別化を図るのは難しいでしょうから、そこにこだわるつもりはありません。あくまでコンテンツが主軸で、そこに真の魅力があれば、必要に迫られてどんな端末でも着けるでしょう。

落語家の桂枝雀さんが、寄席に来たお客さんを前にして、こう言っているのを聞きました。「これから私が面白いことを話すと思って待っているでしょ?違うんです。落語は面白いから笑うんじゃなく、笑うから面白いんです。さ、笑ってください」と。これは何事にも当てはまるんじゃないでしょうか。ダンスだって、楽しいから踊るのではなく、踊るから楽しくなってくるのです。

企業は生き物と同じで成長し続けること、つまりゴーイングコンサーンが基本だ。存在し続けるために何を減らし、何を加えるかを判断することが重要だ。

何より大切なのは、クライアントにこの案なら必ず実現できると思わせるだけの熱意です。扱うのはクライアント先の商品であっても、「うちの商品が」といった言葉が自然に出てくるくらいの熱意をもってやれば、必ず相手の心に突き刺さるはずです。

私自身は仕事もプライベートもどちらも大事にしています。偏っていてはダメだと思うんですよ。プライベートは休憩ではないし、両方とも一生懸命やるべきだと思います。

商売をする側から見るから、これは損する、得する、有利だ、不利だとなるわけだが、小売業ってそうじゃないんじゃないか。例えば、米国でディスカウントストアは一番やりやすい商売ですよ。面倒なサービスはなし。しかも、ローコストの建物。でも、競争激化でどんどん潰れました。小売業はあくまで、お客さんの支持により生かされている存在で、結局は、世の中に必要とされているかどうかだと。

私の少年時代は、むしろ小僧時代という呼び方が当たっているかもしれない。家運の傾いた家に育った私には、幼い時の楽しい思い出は少なく、苦労の思い出だけが多い。

ページの先頭へ