押味至一の名言|時代の変化に惑わされず、基本に忠実に

当社は創業以来、実直で頑固な「物づくり」を貫き通し、お客様の信頼、社会からの信用を得てきました。時代の変化に惑わされず、この基本に忠実に、「品質」と「安全」にこだわり続けることが使命であると考えています。

押味至一 の経歴

押味至一、おしみ・よしかず。日本の経営者。「鹿島」社長。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島に入社。執行役員横浜支店長、専務執行役員建築管理本部長、専務執行役員関西支店長、副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「自分で決めた道か」も、迷わず前に進めるかどうかの決め手になります。「受け身」や「妥協」で選んだ道を進んでいる人は、苦境時に心が折れやすい。だから、たとえ仕方がないという状況だとしても、納得のうえで、「自分で決めた道」と考えて進みましょう。

「転職は、慎重に」という当社のキャッチコピーは、転職を斡旋する会社としては異色だ。他社は「転職はあなたを成長させる」などといって盛んに転職を勧めている。斡旋会社はより多くの転職を扱った方が儲かる。「慎重に」というキャッチコピーには、社内からも「逆効果ではないか」と反対意見が出た。だが、広告に煽られて転職を決意するような人は早く辞めてしまう。クライアントが求めているのは、そんな人材ではない。

節約ばかりでは、ますます貧乏になるばかり。限られた貴重なお金を、いかに「生き金」として賢く遣うことが出来るかどうかが、お金持ちと貧乏人の分かれ道。

国際ルールを策定する場ではコミュニケーションが何より重要です。理屈や理論を示すだけでなく、実際に何度も足を連んで説明する。相手の主張や疑問、関心事をしっかりと聞き、それに応えていかなければ信頼は得られません。自社の利益を声高に主張するのではなく、社会全体の最適を考えて導き出した結論を論理性、客観性を兼ね備えて主張する必要があります。

さんざんいじめられ抜かれたあとだけに、敵愾心(てきがいしん)をともなって、仕事に対する闘志が火のように湧きあがった。士は己を知る者のために死す。大河内先生(大河内正敏第三代理化学研究所所長)の好意に対しても報いなければ、私の男が立たぬ。私はそれこそ武者震いをして立ち上がり、妻も驚くような勢いで仕事に熱中した。
【覚書き|理研の感光紙部長にヘッドハントされた当時、本社社員たちに嫌がらせを受けたため、感光紙部を独立会社にした当時を振り返っての発言】

理念を大事にしていますが、判断尺度は正しさです。セコムにとっての正しさではなくて、社会にとっての正しさ、公正であるかどうかです。

最新の精神医学の世界では、性格自体を変えることは難しくても、モノの見方は変えられると考えています。たとえば、相手が気に障ることを言ったときに、「こいつは嫌なヤツだ」と考えるのではなく、「言い方はともかく、自分へのアドバイスをくれたんだ」とか「この人はこういう言い方しかできない心の貧しい人なんだ」とか、いくつかの可能性を考えるようにするのです。

仕事に対して真面目な人ほど、直球で仕事の話ばかりする。でもそれって「契約書に判を早く押せ! 早く買ってくれ!」と言っているようなもの。

1回目のエベレストで登頂できなくて良かったと思っています。もし幸運が重なってサラッと登れてしまったら、23歳で最年少記録ですよ。そこから得るものはなかったでしょうね。それどころか、「オレは天才だ」とひどい勘違いをしていたかもしれない。もっと難しい山に無謀な挑戦をして、死んでいたかもしれない。

企画書はまず、技術面などに置いて根本的に実現が可能かどうか。さらに、競合他社の情報や、関連企業の動向、商品マーケットの動きなどを多面的かつ広範囲にとらえた情報が盛り込まれているか。そして、過去の流れや現状を含めた長期的な視点の中で、いま提案すべきものかどうか。技術面において妥当な提案であっても、優先順位を考えず、提案のタイミングを誤れば意味を成しません。

その他大勢と自分を比べても益はありません。残念ながら、彼らはあなたにとっての成功例ではないのですから。

本当に意識するべきなのは、社内の評価よりも、世間から見たときの評価ではないでしょうか。自分の市場価値を知るためには、たとえば、転職をする気がなくても、人材紹介会社で定期的に面談するというのも一つの方法です。

新しいことを学ぶ機会になるので、オープンに、外部から異なる視点を取り入れることは重要。

ページの先頭へ