押味至一の名言|時代の変化に惑わされず、基本に忠実に

当社は創業以来、実直で頑固な「物づくり」を貫き通し、お客様の信頼、社会からの信用を得てきました。時代の変化に惑わされず、この基本に忠実に、「品質」と「安全」にこだわり続けることが使命であると考えています。

押味至一 の経歴

押味至一、おしみ・よしかず。日本の経営者。「鹿島」社長。神奈川県出身。東京工業大学工学部建築学科卒業後、鹿島に入社。執行役員横浜支店長、専務執行役員建築管理本部長、専務執行役員関西支店長、副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

売りたい顧客のモデルを詳細につくり込む理由は2つある。ひとつは、ペルソナ(想定人物像)を明確にすることでマーケティング施策も明確になるからだ。ペルソナが明確なら、それに合わせて投資対効果の高い広告宣伝ができるようになる。

理央周の名言|顧客を明確化する2つのメリット


仮説を考えてから現場におもむくからこそ、現場に落ちている問題点や解決のヒントに気が付くのです。

尾崎元規の名言・格言|仮説を考えてから現場に行くとヒントに気づく


「この事象はなぜ起きたのか?」を考えると、他の事象との共通点や相関関係が見えてくる。

内永ゆか子の名言|「この事象はなぜ起きたのか?」を考えると、他の事象との共通点や相関関係が見えてくる


母親の教育で、子供の頃からいろいろな経験をさせられたというのはあります。例えば、最高級のうなぎを食べさせられた直後に、スーパーで売られているうなぎを食べさせられ、違いを実感させる。そのうえで、「ちゃんと温かいご飯にのせて、みんなで楽しく食べれば、十分おいしいでしょ?」と母は言うんですね。モノ自体の質は大切だけど、それがすべてではない、という具合に。

吉井雄一の名言|経験させる教育


自分の適性がわからないという人もいるかもしれませんが、今まで生きているのですから、「けっこう逆境に強いな」とか「本番に弱いタイプだな」といったことは、なんとなくわかるはずです。周りの人に聞いてもいいでしょう。

池谷裕二の名言|自分の適性を知るには


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ