ジェイ・エイブラハムの名言・格言|長期の戦略を持つことが成功をもたらす

経営者には、会社のあらゆる活動を動かす長期戦略がなくてはならない。見込み客の動向をつかみ、購入を決断させ、顧客にとって価値ある者を繰り返し買わせるまでの一連の戦略。そして、会社の全活動がその戦略を採用し、維持し、進めるものになっていなければならない。成功は、長期の戦略を持ち、知り、それに従うことで初めてやってくる。

ジェイ・エイブラハム の経歴

ジェイ・エイブラハム。アメリカのマーケティングコンサルタント。「USAトゥデイ」「ニューヨークタイムス」「ワシントンポスト」をはじめ、多くのメディアから高い評価を得て「マーケティングの天才」と評された人物。著書の『ハイパワーマーケティング』はビジネス書の大ベストセラー&ロングセラーとなっている。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分は古典を答え合わせに使っている。何か問題があったら、まず自分でどうするか考える。出した答えと同じようなことが古典に書いてあったら、それは正解だと思うようにしている。古典にこう書いてあると人を説得しやすい。

学校の試験を思い出してみてください。60分間という時間制限があるからこそ、その時間内に問題が解ける。もし時間制限がなければ、同じ速度で問題を解くことは難しいはず。途中で何度も飽き飽きして、一日近くかかってしまうかもしれません。

大変な道を選んでおいてよかった、という経験は他にも数えきれないほどあります。苦しいことに正面から向かっていくからこそ、壁を乗り越えられるのです。

最近挑戦していることはいろいろありますが、ひとつ挙げるなら渋谷のお掃除かな。渋谷は大好きな街だけど、ゴミがたくさん落ちていて、それが昔から悲しかったんです。それであるとき掃除を始めたら、なんか止まんなくなっちゃって。ギャルの格好した女の子がゴミを拾っているから、最初は近所のおばちゃんにも怪訝な目でみられましたよ。でも、続けていくうちに、「若いのに偉いわねぇ」といってくれるようになって。それがいまはもう、イベントにまで発展しています。仕事運とは関係ないかもしれないけど、続けることの大切さを身に樛みて実感できました。

戦略や業務改善について議論する会社は多くても、メンバー同士がどうコミュニケーションを取るべきかについて、ちゃんと話し合っている会社は少ない。

次々に恐ろしいモンスターが現れてもリスクを予測し、恐れながらもモンスターを倒さなければ次のステージには進めない。次のステージではより強いモンスターが現れる。経営はロールプレイングゲームによく似ています。

私自身、結核という対病を経験したことで、ちょっとした健康を喜ぶことができるようになりました。幸福というものは、失われかけてはじめて気が付くものなのです。

経営学では、「最初は失敗を重ねたほうが長い目で見れば成功しやすい」という研究成果がある。失敗すれば「自分の世界観は間違っているかもしれない」と考え、学習を怠らなくなるからだ。

ビジネスにおいては、人手不足や市場ニーズの多様化などを受け、現場で社員一人ひとりが考え、決断し、行動する力がより強く求められるようになっている。

取り扱い商品が約3万種類あって、オリジナルは一部です。オリジナルはリスクが高いので積極的にできないところがある。いまは受注してから発注するモデルや、クラウドファンディング型で注文が集まったら商品化するモデルが中心です。

ページの先頭へ