小杉俊哉の名言|褒める習慣を持つことは、叱るときにも役立つ

褒める習慣を持つことは、実は部下を注意したり、叱るときにも役立つ。人間には、「自分を認めてくれている人の叱責は素直に受け入れるが、自分を認めてくれていない人からの叱責は、無視したり反発したりする」という傾向がありますから。

小杉俊哉 の経歴

小杉俊哉、こすぎ・としや。日本の経営学者、キャリア・コンサルタント。新潟出身。早稲田大学法学部卒業、日本電気(NEC)に入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン、アップルコンピュータなどを経たのち、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授に就任。コーポレイト・ユニバーシティ・プラットフォーム社長としてコンサルティングも行っている。主な著書に『29歳はキャリアの転機』『人材マネジメント戦略』『キャリア・コンピタンシー』『ラッキーをつかみ取る技術』『好きにやっても評価される人、我慢しても評価されない人』ほか。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

賢く有能な者を登用するよう最大の注意を払うこと。登用に当たっては、不平や怨嗟の声が上がらないようにせよ。

私がいっているのは、国に頼らないと。一律にやるのではなく、ユニークなもので勝負していこうということ。

ベンチャー企業の経営計画とか、そんな計数を見たってしょうがない。ベンチャー企業なんて来年なくなっているほうがふつう。それよりも、なんでミドリムシをやりたいのかを説明してほしいと言われました。
【覚え書き|伊藤忠商事でプレゼンをしたときを振り返っての発言】

ミスを連発する部下に対しては「これくらいは、コイツでもわかるだろう」という思い込みを捨てること。その上で、マニュアルを作るといいでしょう。一度マニュアルにすれば、部下が自分でそれを見て、仕事を進められる。あなたが何度も指導する手間がなくなるんです。

何も分からなくても、その環境に行って努力すれば何とかなる。

私自身、疑問が湧いたり、分からないことがあると、すぐに世界各地の担当者にコンタクトを取り、確認や質問をするようにしています。すると面白いもので、その発信を契機に、さまざまなところから答えやヒントが集まってくるようになる。

重要な要素となるのが「送り手」です。営業の現場では「高価なスーツを着ろ」などと言われることがあるそうですが、これは受け手の印象を操作するのに効果的です。服装だけでなく、大学教授や医師、弁護士などの肩書きも有効でしょう。これらは「ハロー効果」と呼ばれ、広告の世界では古典的な手法です。

デスクは、「飛行機のコックピット」のようなものだと考えてください。パイロットの目の前には、操縦桿や計器類など操縦に必要なものが一目で見える範囲に、手の届く場所に整理されて並んでいます。デスクも同じです。必要なものがすぐに取り出せ、しかもアクセスしやすい場所にある状態にあって初めて、仕事の効率を上げることができます。

受け身の姿勢では駄目です。中国の人たちは、プライドが非常に高い。日本の自動車メーカーや家電メーカーは、日本で売れなくなった商品を中国に流しているのではと疑っている人がいまだに多い。半面、自分たちに向けて開発してくれた商品となれば、自尊心がくすぐられて財布のひもを緩めがちです。

「1×100=100×1」。ひとつの世界を100突き詰めるのがプロだが、自分のように広く浅く、1を100持てば同じではないか。

管理職の役割を本当にわかっている人は、それほど多くありません。部下の教育、他部署との折衝、経営方針の伝達など仕事は多岐にわたります。それ以上に重要なのは、部下を本気にさせる能力です。10人いる部下のモチベーションを高めて、目標の3割増しの業績をあげてこそ、はじめて管理職のいる意味が出ます。それができるかどうかがリーダーへの分岐点でしょう。

ビジネスの環境は日々刻々と変化していますから、経営者に新たな学びがないと、ビジネスも先細っていく。

グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。本質的な議論をしていないことは、大きな勘違いだと思います。

ページの先頭へ