小杉俊哉の名言|褒める習慣を持つことは、叱るときにも役立つ

褒める習慣を持つことは、実は部下を注意したり、叱るときにも役立つ。人間には、「自分を認めてくれている人の叱責は素直に受け入れるが、自分を認めてくれていない人からの叱責は、無視したり反発したりする」という傾向がありますから。

小杉俊哉 の経歴

小杉俊哉、こすぎ・としや。日本の経営学者、キャリア・コンサルタント。新潟出身。早稲田大学法学部卒業、日本電気(NEC)に入社。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ユニデン、アップルコンピュータなどを経たのち、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授に就任。コーポレイト・ユニバーシティ・プラットフォーム社長としてコンサルティングも行っている。主な著書に『29歳はキャリアの転機』『人材マネジメント戦略』『キャリア・コンピタンシー』『ラッキーをつかみ取る技術』『好きにやっても評価される人、我慢しても評価されない人』ほか。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社という組織は、上にいくほどポストが少なくなります。必要とされなければ、それまでどんなに順調にきていてもスポイルされる。まして経営が厳しいこのご時世、誰もが明日「どん底」に陥る可能性がある。

西山昭彦の名言|誰もが明日「どん底」に陥る可能性がある


僕はスーパーマリオにハマったファミコン世代です。そんな僕らのような世代が、もう一度「ゲームって面白いね!」と思えるものをつくりたかった。

森下一喜の名言|「ゲームって面白いね!」と思えるものをつくりたかった


自分らしいスタイルってきっとある。そんなことを、これからも発信していきたいんです。

高橋みどりの名言|自分らしいスタイルはきっとある


アイデアが浮かばなくても、少しでも書き始めることで考えがまとまる。

松本幸夫の名言|アイデアが浮かばなくても、少しでも書き始めることで考えがまとまる


人は何かをして一度成功すると、その成功体験にしがみついて変化を拒むようになります。しかし、現代は世の中がガタガタと音を立てて動く、大変な時代といわれます。消費者の嗜好も変わり、技術も進化していきます。そのような中で、「俺はこのやり方でいいんだ、成功したんだ。いまさら何も変える必要はない」と変化を拒否して現状に甘んじていると、そのうち時の流れに取り残されてしまいます。

新将命の名言|成功体験がもたらす害


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ