平本あきおの名言|物事を習慣化できるか、できないかは、その人の心の状態が大きなカギを握る

物事を習慣化できるか、できないかは、その人の心の状態が大きなカギを握る。心に余裕があり、視野が広い状態を「リソースフル」と呼びます。この状態なら、「大丈夫、自分はやれる」という前向きな気持ちになるので、目の前のことを楽しく続けられる。つまり、習慣化しやすくなる。

平本あきお の経歴

平本あきお、ひらもと・あきお。日本のメンタルコーチ。兵庫県出身。東京大学大学院修士課程修了後、クリニックや病院でカウンセラーとして勤務。米国シカゴ大学大学院でカウンセリング心理学修士課程修了。帰国後は北京五輪柔道男子100kg超級金メダリスト石井慧選手、早稲田大学ラグビー部中竹竜二監督などのプロアスリートのサポートや、企業・公官庁でコーチングやコミュニケーションなどについての研修・カウンセリングを行った。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

つらい経験ができて、運が良かった。それまでは何でも一人でできると思いあがっていました。ところが、実はずっと家族や友人、お客さんたちに支えられて生きてきたのです。自分の力だけでやれることは本当にちょっとしかなくて、みんながいるからこそやれることがほとんどだと。ボロボロになって、初めてそれに気づくことができました。

少徳健一の名言|挫折の大切さ


新しいことが起きたときに、従来の仕事の仕方、商品、サービスでは対応しきれないことが当然出てきますが、そのときに、往々にしてなぜできないかの説明をしがちな人が多くいます。ものごとに対しては「いかにしたらできるか」と、前向きに考えて欲しい。いくら理路整然と「こういう理由でできません」といわれても、何の足しにもなりません。私は言い訳をしない人を求めています。

塚本隆史の名言|私は言い訳をしない人を求めている


頭で思い描いているプレーに身体がついていけなくなったら、すぐにやめるつもりだ。

デニス・ベルカンプの名言|頭で思い描いているプレーに身体がついていけなくなったら、すぐにやめるつもりだ


「任せて任せず」ということは、文字通り「任せた」のであって「放り出した」のではないということです。経営の最高責任者というものは、どんな場合でも、最後の責任は自分のところにあるという自覚をせんといかんものです。そういう自覚に立っているからこそ、「任せて」はいるけれど、絶えず頭の中で気になっている。自分は責任をもたないといかんということで腹をくくっている。そうなると、どういうふうにやっているかということがいつも気になる。これが本当ですわな。

松下幸之助の名言|任せて任さず


仕事を負担だと思ったことはありません。負担と感じてやると逃げ腰になり、いい仕事などできないのではないでしょうか。

コシノジュンコの名言|負担と感じてやると逃げ腰になり、いい仕事などできない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ