ハワード・シュルツの名言|長期的に成功する唯一の秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

一歩一歩、約束した以上の実績を積み上げていく。長い目で見れば、それが成功するための唯一の秘訣なのだ。


ハワード・シュルツ の経歴

ハワード・シュルツ。大手カフェチェーン「スターバックス」CEO。ゼロックスの営業職、スウェーデンの日用品メーカーのハマープラスト・アメリカ支社の副社長兼総支配人を経てスターバックスに入社。入社当時スターバックスはコーヒー豆売りのみでカフェは行っていなかった。シュルツはカフェを始めるよう経営陣に提案したが受け入れられず同社を退社。自分でイル・ジョルナーレというカフェチェーンを設立。その後、経営不振に陥っていた古巣のスターバックスを買収。以後、世界的チェーンへと育て上げた。ノーザンミシガン大学卒

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

乱雑さとは、仕事の環境には不適切な、まるで整理のついていない、散らかった状態のことだ。オフィスとデスクまわりが乱雑なままでは、効果的に仕事をするのは難しい。最大の効果が上がるように仕事場を整理するだけで、どれほどの時間を節約できるか、きっと驚かされるに違いない。

私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
【覚書き:松平監督は選手に対し事あるごとに世界一という言葉を使った】

60%で行けるなと思ったらGOです。そもそも、ノーリスクなんていう事業はありません。どちらのリスクを取るのかいずれにしても何らかのリスクは取るつもりで腹を据えなければ決断はできません。私は決断とは「一度やってみる仮説」だと思うんです。とにかくやってみて、駄目なところはどんどん変えていく。変えていくうちにパーフェクトに近づけばいいんです。

勝負は普段から人付き合いにどれくらいお金を使っているかだ。情報が欲しい時だけ「こんちは」と来るやつに、重要情報をくれる人間がいるか?その時とくに仕事がなくても、話をしに行ったり、一杯奢ったりする。情報網はそうやって作るしかないんだよ。

誰かに勝ってやろうとか目立ってやろうという発想からじゃないんです。こんな技ができたら楽しいということに尽きるんです。
【覚書き:ムーンサルト(月面宙返り)をはじめ、新技を開発してきたことについて聞かれたときの発言】

職人の仕事はどんなものであれ、見よう見まねで体で覚えるのが一番。

言いふらすと情報が入ってくる。人材だけじゃなく、やりたいことの場合も同じで、本当にできてしまうものなんです。言わないとだめですね。言わなかったら誰も気づいてくれません。

ページの先頭へ