野本弘文の名言|常に相手の立場に立って物事を考えることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は上も下もない。常に相手の立場に立って物事を考えることが大切。その場しのぎで取り繕ってもダメ。


野本弘文 の経歴

野本弘文、のもと・ひろふみ。日本の経営者。東京急行電鉄(東急)社長。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒業後、東急に入社。事業戦略推進本部メディア事業室長・統括室長、東急の系列ケーブルテレビ会社イッツ・コミュニケーションズ社長、本社取締役を経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

休みはないですね。起きている以上は(漫画執筆を)やっていますね。描いていないと落ち着かない。生きていない気がする。

全員が協力し合うには、1人で飛び込み営業する販売スタイルではムリ。お客様が来たくなるショールームをみんなで追求してきました。クルマを置くより、くつろいで過ごせる空間を増やしたほうがいい。それもスタッフが繰り返し話し合って決めたことです。みんなで決めるからこそ、スタッフ自身が工夫を凝らし、少しずつ楽しい場になっていきます。ショールームではパーティーやイベントもよく開催します。

現時点で儲かっているビジネスが、100年後も安泰なはずがない。どんな事業でも、技術革新によって陳腐化する恐れは常にある。

どの企業も理念や目標を掲げていますが、お客様やお取引先にそれが伝わるよう、努力することが大切です。

事業やプロジェクトを提案する場合、ビジネスとしての採算性はもちろんですが、事前に法律、契約、権利、税務などの視点から、多面的に実現性をチェックしておく必要があります。部下がアイデアを出してきたとき、きちんと煮詰まっていない部分や明らかな不備を指摘すると、「それは私の専門外なので……」と絶句してしまうことがままあります。それでは顧客に提案することはできません。もちろん最終的には専門家の手を借りることになりますが、プランの段階では、コンサルタント自身が全方面に目配りをして、実現性の高いものに仕上げておかなければなりません。つまり俯瞰図的なプランを描くだけではなく、それをきちんと実行できる形に落としこむことが必要なのです。

ウェアラブル端末を装着して生活するという選択も、最初は悩みに悩んだ。やはり見た目のインパクトも強いし、ただの目立ちたがりの研究者にとられるのではないかと。だけど、誰もやっていないことを実践するメリットのほうがずっと大きかった。自らの体を使って蓄積させていくことは、他の人が絶対に追いつけない強みになる。オンリーワンであることが、来るべきウェアラブルの世界でナンバーワンになれる可能性に繋がるわけですから。

とかく我々日本人は世の中の通念というものに弱い面があります。世間の目を気にして、やりたいことを自制してしまいがちです。それは一方で、一歩踏み出す怖さから目をそらす言い訳にしている面もありますが。

落ち込んだ気持ちを引きずるのは、メンタルの強さには関係ありません。たとえ、メンタルが弱くても、引きずらないようにすることはできます。

孫子もこう語っている。「敵より先に戦場におもむいて、相手を迎え撃てば、余裕を持って戦うことができる。逆に、敵より遅れて戦場に到着すれば、苦しい戦いを強いられる」。余裕を持って戦えることが大きいのかもしれない。心に余裕があれば、判断力も冴えてくるし、あらゆる事態に対して冷静に対処することができる。

本人が幸福化している以上は、不幸はありやしない。幸福というものは主観的断定だもの。

ページの先頭へ