野本弘文の名言|新入社員は最先端の消費者でもある

このエントリーをはてなブックマークに追加

新入社員は最先端の消費者でもある。その若い発想を取り入れなければならない。


野本弘文 の経歴

野本弘文、のもと・ひろふみ。日本の経営者。東京急行電鉄(東急)社長。福岡県出身。早稲田大学理工学部卒業後、東急に入社。事業戦略推進本部メディア事業室長・統括室長、東急の系列ケーブルテレビ会社イッツ・コミュニケーションズ社長、本社取締役を経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

掛け合わせが大事。例えば、お笑い芸人として成功しようとするのは大変なことです。美容師で成功するのも、これまた大変。だけど、美容師の技術があって、そこそこ面白ければ、「お笑い美容師」と打ち出せる。

家の造りを立派にすることは、古の賢王が堅く禁じたところである。

チームをつくりあげるのは、ビジネスで新規事業を立ち上げるのとよく似ている。まず強くするためには、絶対に「いい選手」が必要。でもいい選手が集まっても、環境が悪かったらうまくいかない。では、いい選手と「いい環境」があったら優勝するかといったら、優勝しない。「いいリーダー、監督」がいる。この3つが揃えば、成功する。会社と一緒だ。

強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。

私だって人間だから、心が弱くなることもある。ただ、「メダルを諦めきれない」という執念が私を強気にさせた。

小川(八重子)さんが新聞のコラムに「ゴクゴク飲めるお茶(常茶)がいい」という随筆を書いていらしたので会いに行ったんです。これがその後の烏龍茶の普及につながったので、事業は人の縁だとつくづく感じます。

情報過多になっている現代のビジネスマンに必要なのは、やることを減らし、本当に必要なことを選ぶこと。

失敗したくない、と思って自分を押さえ込むのは禁物です。アイデアを何百も絞り出し、世に問い、失敗したらそのつど原因を考え、知識として蓄えればいい。

年齢は関係ない。会社に対して、燃えるような情熱があればいい。

ビジネスパーソンにとって「人脈」は資産。人脈は人の能力と同等の効果(経済価値)を発揮する。

ページの先頭へ