伊藤直彦の名言|働くことそのものが永遠の自分探しなのかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加

働くことそのものが永遠の自分探しなのかもしれない。


伊藤直彦 の経歴

伊藤直彦、いとう・なおひこ。日本の経営者。JR貨物社長。長野県出身。東京大学法学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。ワシントン州立大学ビジネススクール卒業。札幌鉄道管理局営業部長、札幌鉄道管理局総務部長、大阪鉄道管理局総務部長、職員局厚生課長、貨物局営業課長、貨物局貨物営業改革実施準備室次長、JR貨物関西支社長、営業本部副本部長・営業部長、取締役・総合企画本部副本部長、取締役・鉄道事業本部長、常務取締役、専務取締役、代表取締役専務・総合企画本部長などを経て社長に就任。8年連続で赤字を出していたJR貨物を改革し黒字化させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

必要な変化に関しては柔軟に対応していかなければなりません。大事なのは、変えたことについてしっかり説明をするということです。なぜ変えなければいけないのか。リーダーにはそのことをしっかり現場の方々に示していくことが求められるのでしょう。

統合には立場を超えて相手を思いやる気持ちが一番大切。

いつの時代でもスペシャリストが不足している状況は変わらない。

「ドロップ」は、最初の一章を書いた時点で嫁さんに読んでもらいました。嫁さんからは、「喧嘩のセリフばっかりで、何書いているかわからない」って言われました。自分としては、80年代の不良の空気感が出てよく書けていると自負していたのですが、嫁さんの私的で女子にはわかりにくいと反省して、すぐに書き直しました。即、軌道修正です。

古い言葉にも、人は死して名をとどむ、虎は死して皮をとどむ、ということがある。人の命も定まったものであり、身体の衰えるのも疑い得ないところだ。身命を惜しむことなく、立派な最期を遂げるように心がけなくてはならぬ。

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。

「雑談する力」と教養の間には正の相関関係がある。従って、教養のある人間になることを目指せば、おのずから「雑談する力」が身につく。

嫉妬は、自分の存在が認められていない、あるいは認められなくなる危機を自分に知らせる感情です。つまり、自分の立場が脅かされた時に起きる。

現在、MATSUOKAブランドはセレブリティ向け海外市場で戦っていますが、日本市場に見切りをつけたからではありません。日本のお客様に選んでいただくためには、ブランドとして世界で認められることが必要だと思ったのです。

人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。

ページの先頭へ