東英弥の名言|会話の中から新たなものが生まれることがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

会話の中から新たなものが生まれることがある。志のある方とご一緒することは本当に大事なこと。


東英弥 の経歴

東英弥、あずま・ひでや。日本の経営者、商学博士。「(株)宣伝会議」会長、「事業構想大学院大学」理事長。神奈川県出身。日本大学法学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修了。伝創社、富士テック、東京パブリシティー、日本ビジネス出版、分子生理化学研究所など11社を設立。宣伝会議を引き継ぎ、社長に就任。その後、事業構想大学院大学を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

普段当たり前に思っている自分の健康、家族、部下が遅くまで働いてくれることのありがたさは、自分が弱い立場になったときにこそわかります。

経営を合理化出来れば、売上げが倍増する会社は多くある。まだまだ潜在的な成長余力があるはず。

私はいつもいうんですが、旅行会社の仕事というのは、海に浮かんだ氷山のように見え得るのは全体の3~4割程度で、6~7割は海の中にあって目には見えません。水鳥のように毎日、足をかきながら進んでいる。それが地域開発であったり、観光斡旋の仕事であったりするわけです。

公文が大事にしているのがインストラクターの先生です。インストラクターは現地の方にお願いしています。日本の駐在員がやることはあまりありません。その国や地域を愛し、子供たちや国の将来を考えている方々を採用していきます。

試しに携帯電話の着信履歴を見て、かけてくれた人10人の平均年収を計算してみよう。その金額がいまのあなたのステージなのである。

アプリが100万ダウンロードを超えるには、幅広い層を想定して作らなければダメ。

国内だけで戦っていた時代はもう過去のこと。ワールドワイドの競争に打ち勝っていくには高い技術開発力が求められます。当社では世界のどこにもない最先端の特殊な製品も造るので、製造装置も自前で造ります。

段取りがうまくなるためには、「このタスクには、これだけの時間がかかった」という記録(ログ)を取ることから始めなければなりません。当初の予定が失敗しても、その失敗を記録することこそが段取りの極意なのです。

極端な話、人前で話すのは無理だという思考のままでも、準備さえやり尽くせば、本番でのあがり症を克服することは可能です。それなのにろくに準備をせず、ただ不安がっているのはもったいない話です。

最終的に目指しているのは、すべてのステークホルダーに対してより多くの価値を長期的に創造していくこと。多岐にわたる変化に対応すべく、当社は変革を推進しています。

ページの先頭へ