東英弥の名言|自分がそれをどう役立てるかを考えることが大切

自ら学習することが大事。どんな先生の話でも役に立つ。自分がそれをどう役立てるかを考えることが大切。

東英弥 の経歴

東英弥、あずま・ひでや。日本の経営者、商学博士。「(株)宣伝会議」会長、「事業構想大学院大学」理事長。神奈川県出身。日本大学法学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修了。伝創社、富士テック、東京パブリシティー、日本ビジネス出版、分子生理化学研究所など11社を設立。宣伝会議を引き継ぎ、社長に就任。その後、事業構想大学院大学を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

個人の「思い」がなければ、新しいものは生み出せない。

金指潔の名言|個人の「思い」がなければ、新しいものは生み出せない


1人で考えたものは妄想になりがちで、実態に照らし合わせて再考すると、現実的でないアイデアだったりします。一方で、意見が飛び交う会議中に思いついたアイデアは、様々な事情を加味した質の高いアイデアになることが多い。

藤田晋の名言|1人で考えたものは妄想になりがち


時間軸で未来を見通す力ができれば、何でもかんでも「いまやらなければ」という強迫的な感じにならずにすみます。大切なことはいまやるべきこと、先送りしても大丈夫なことを合理的に仕分けをすること。そのバランス感覚なんです。時間というものは目に見えないものですが、書き出すことで可視化、空間化ができる。具体的にはノートや日記をつけることをお勧めします。とくに日記はページで時間を区切っていくので時間を空間として認識するのに役立ちます。

佐藤優の名言|大切なことはいまやるべきこと、先送りしても大丈夫なことを合理的に仕分けをすること


資産運用の上でダウンサイドリスクも考えておかなければなりません。ダウンサイドリスクとは失敗したときにこうむる最大限の損失のことです。私は銃数社の会社の非常勤役員をしております。投資案件などでダウンサイドリスクがその企業にとって大きすぎる場合には、成功確率が90%程度だと考えられても反対します。なぜなら、会社をつぶしてしまう恐れがあるからです。

小宮一慶の名言・格言|失敗したときの最大損失を常に意識して資産運用を行う


好ましい環境で気高くいられたとしても、「美徳の精神」に同調しているとは限りません。劣悪な環境においても、心の輝きを失わずにいられなければ、本当の気高さとは言えないからです。

ジェームズ・アレンの名言|劣悪な環境でも気高くあることの重要性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ