有本隆浩の名言|感性を磨くには

このエントリーをはてなブックマークに追加

感性を磨くには「大いに笑って、大いに泣く」こと。じっと考えるのではなく、何かを感じたらすぐに行動すること。まずやってみる。そうすることで感性も磨かれていく。


有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

バイアスがあるから僕たちは効率的に生活できるのですが、それに縛られていたらイノベーションは起きません。まずは何がバイアスになっているのかを見極めて、それを破壊することでイノベーションが生まれてくるのです。

利益を出してこその会社です。価格を上げられない、利益の出ない競争はやっても意味がない。もっと質の良い競争を自分はやりたい。

これから国民の可処分所得が減り、消費のパイはますます小さくなっていきます。その中で生き残るには、店はもっと個性的にならなければいけません。「誰のための店なのか」を明確にしていかなければいけません。

大人の社会では、「仕事で謝ることは負けだ」と思う節があるように思います。トップが潔くミスを認め、謝る姿勢は、必ず組織風土にプラスの影響を与えます。風通しがよくなり、ミスを隠したりせず認め合い、許し、リカバリーする健全な自己治癒的な組織力が備わっていきます。

中古車業界の中に入ってみると、予想以上に環境が悪かったことをよく覚えています。今でこそかなり中古車業界のイメージはクリーンなものに磨かれましたが、私たちが商売を始めたころは、今の真逆。値段なんかあってないようなもので、販売価格はお客さんを見て判断する。あまり車のことを分かっていないお客さんであれば、値をつり上げたりすることが平気でまかり通っていた。つまり、売るにしても下取りをするにしても、適正な値段で流通していなかったのです。そこで、ふと思いました。「このままじゃ中古車業界に先はないな」と。

業界ナンバーワンの会社の社員は、「必ず一番になる」といった勝者のメンタリティーを持っている傾向がある。そうした強い気持ちなしには、「勝つアイデア」はなかなか生まれない。

仕事は次々に発生しますから、不要な古いモノや書類、データはどんどん処分すべきです。そこをわかっていないと、収納不足になり、つい別の場所に放り込んだり、出しっぱなしにしたりして、瞬く間に空間が雑然としていくのです。

人と人が向き合い、一碗のお茶を介しながら心を通い合わせるのが茶道の素晴らしさ。昔ながらの稽古を重ねて作法を習得することも大事なことですが、それ以上に人と人との関係をより理解するのに役に立つ。

昔から大の遊び好きで残業しないことで有名でしたが、仕事をしないと言われた覚えはない。要はいかに最小の努力で最大の効果を上げるかなんです。

長い歴史の中では、よい時代もあれば、辛抱が必要な時代もあります。花外楼も、初代のときは追い風が吹き、百畳敷きの大広間をつくったりしましたが、2代目になると、昔からあった店以外、すべて手放す事態に陥りました。180年、ずっと好調だったわけではないのです。ですが、そんななかでも、絶えず余力を残しながらやってまいりました。もちろん、会社だから儲けなければなりませんが、自分たちの仕事をとおして、できる範囲で、社会や支えてくださっている皆様にご恩返しをさせていただきたいと、常々思っております。

ページの先頭へ