有本隆浩の名言|変化の中にあるビジネスの芽を、誰よりも早く察知する

大切にしているのは「感性」です。感性は変化を好みます。変化の中にあるビジネスの芽を、誰よりも早く察知する。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

プレゼンや営業、会議、講演などで、初対面の人の多くは、あなたに対して、心を開いていないはず。その状態のままでは、相手に有益な情報を言ったとしても、聞く耳をもってくれないでしょう。そこで、できる人は、初対面の相手に対しては、本題に入る前に心を開いてもらえる工夫をします。いわばウォーミングアップのようなものです。笑いがとれれば最高ですが、それは普通は難しいですよね。素性がわかるだけでも十分です。

遠藤功の名言|人前で話すときは相手の心を開いてもらうことから


20代半ばで継いだ家業を数年で手放すことになってしまった反省から、仕事に成功している人は何が違うのかを探ることにしました。同じことをしているのに、成功している人もいれば、失敗する人もいる。単純にいえば、ツキがあるかないかの違いなのでしょうが、よくよく見てみると、成功する人というのは感性が豊かで、人間力にもあふれている。それを見て、事業に成功するだけではなく、人間的にも成功する人を目指さなければならないと気づきました。

山本梁介の名言|成功した事業家の特徴


型にはまらず、いかに有効に使うかを徹底的に考えるのがお金持ちの特徴。一方収入の低い人ほど目的意識がはっきりせず、流されてお金を使う傾向がある。

和仁達也の名言|いかに有効に使うかを徹底的に考える


古典として残っている本の多くは、格闘する価値のある「良書」です。ただ、読みこなすためには歴史を知る必要があります。『君主論』を読むにはローマ史の知識が不可欠ですが、ほとんどの読者にその時間はないでしょう。その場合、上質な解説書に目を通しておくと、古典を読むうえで大きな助けになります。

瀧本哲史の名言|まず古典が書かれた時代を知る


営業で大事なのは個人の力に頼るのではなく、組織としての力を高めていくこと。ライバルに顧客をとられてしまったら、その原因をみんなで検討し、解決策を考えなければいけない。学習する組織は、次の一手を俊敏に打てるものです。

遠藤功の名言・格言|営業は個人の力に頼るのではなく、組織の力に頼ること


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ