有本隆浩の名言|「流れ」は顧客を見ていればわかる

次に何が来るかを察知する感性、そのような「流れ」は顧客を見ていればわかる。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事とは別に楽しみを持つことも大切。格好をつけることなく楽しめる趣味です。私の場合は、以前はテニス、今はゴルフを趣味にしています。悩み事で頭がいっぱいになって眠れないときは、ゴルフコースをまわっているのをイメージすることで、眠りにつくことができます。

私は創業当初から志だけは高かったんです。とにかくブランド力! ちゃんとしたブランドをつくりたいと考えていました。

フリーランスのノマドワーカーだと、いいアイデアを思いついたとしても、そばに気軽に話せる相手がいません。それではせっかく生まれた可能性が枯れてしまうこともあり得ます。その点会社であれば、アイデアをすぐ同僚に話すこともできますし、アドバイスをもらうこともできます。私は最近改めて「会社っていい仕組みだな」と感じるのですが、その仕組みを活かせるかどうかは、本人次第なのだと思います。

部や課のレベルでも、リーダーが「この人のためなら、たとえ火のなか水のなか……」と思わせることが大事です。

この世界を個人的な願望を実現する場とせず、感嘆し、求め、観察する自由な存在としてそこに向かい合うとき、我々は芸術と科学の領域に入る。

自分が何をやっているか知っていたフリをするつもりはない。最初の何年かは、いつも死の淵にいる気分だったし、Googleがうちみたいな製品を作って、うちが潰されるんじゃないかと心配していた。

僕は肩の力を抜いて楽しめる大衆店も好きです。でも高級店を訪れると、いつも金額以上の学びを得られます。ビジネスパーソンの自己投資と言えば、セミナーやスクール、書籍などが頭に浮かびますが、時にはぜひ飲食の体験に、自己投資してみてください。そこで見た世界や得た経験は、ビジネスパーソンとしての幅を広げてくれると思います。

我々の中から巣立った多くの起業家が自身の会社で人材を活用し、成功しているのも、リクルート的な人材観を在籍中に身につけたからでしょう。そこに人材輩出企業と呼ばれる最大の由縁があるのだと思います。

最終的には、自分の年齢と才覚を踏まえたうえでリスク計算をし、今できることを探すことになります。たとえば、勉強が得意な20代の学生が就職活動の段階でエリートコースに乗れるよう努力すれば、ローリスク・ミディアムリターンのそこそこ裕福な人生が送れることになります。しかし、30代で平均的なレベルの企業に勤めている人なら、一流企業への転職を目指すよりもビジネスを興した方が成功確率は高いでしょう。

相手の興味を引くためには、事実をそのまま書いてはダメです。例えば、優れたアイデアでもプレゼンがつまらなければ、その魅力は伝わらない。文章も同じ。「事実をねじ曲げない程度」の誇張が必要になります。それで読み手の興味をつかむことができれば、期待感を持ちながら読み進んでくれます。

ページの先頭へ