有本隆浩の名言|成功イメージだけを持ってチャレンジし続ければ、成功するチャンスはどんどん増えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功イメージだけを持ってチャレンジし続ければ、成功するチャンスはどんどん増えていく。


有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

脳にとって、忘れることは合理的です。忘れることができないと、目に入ったものをすべて覚えてしまい、頭がパンクしてしまいます。ですから、「覚えたはずなのに思い出せない」と悩むのではなく、「覚えたことは忘れるものだ」ということを前提として捉えるべきです。そして、忘れてはいけないことは、何度も反復して覚えるようにすることが欠かせないのです。

楽をしようと思っちゃダメ。一攫千金なんて狙ったらダメ。お金をためるのと一緒で、仕事に王道はあっても、抜け道はありません。

いかなる相手とのコミュニケーションであれ、私が一番大事に考えているのは、相手が何を言いたいのかを正確に把握することです。

いろいろ背負っているかもしれないけど、自分のために頑張れよ。
【覚書き|選手によく投げかける言葉】

これからの時代、何が起きるかわかりません。だから会社としてはいろんな人間を揃えておきたいんです。単一な人間だけでは時代に対応していけません。

たとえば子会社に出向して自分の責任で意思決定できるとしたら貴重なチャンス。小さな組織のオペレーションでは、バリューチェーンをすべて見なければいけません。役員入りを目指すなら、東京駅の副駅長をつとめるよりも、小さな駅の駅長を経験するほうが得るものが大きい。こういう「打席」には、志願してでも立つべきです。

会社と意見が衝突して落としどころを見つけるときに大切なのは「一人ですべてをやろうとしないこと」です。あなたが会社と異なる意見をもったときは、現場レベルで、同じ考えをもった人がほかにもいるはずです。その人たちと意見や感情を共有したうえで、どんな折衷案を提案すべきかを考える。そして、その案を直接自分が上にぶつけるのではなく、社内の調整役を介して上に通してもらうといいでしょう。どんな会社にも上と下のハブになる立ち位置にいる人がいるはずです。その人の力を借りるわけです。

職場で評価が高く、出世する人に共通するのは表情が豊かであること。とくに笑顔は大事。人と向き合うときに口角を上げるよう心がけるだけでも、相手の印象はよくなります。

興味がある分野や、仕事に関わる専門用語を、まずは100語程度覚えましょう。ビジネス英語の場合、カタカナ語として浸透している言葉も多く、新しく出合う専門用語はそれほど多くないはずです。AからZまですべての単語を覚えることは不可能です。それよりも、自分が学びたい分野に絞ると、何を学ばなくてもいいのかが見えてくるはずです。

「君子は多ならんや」というように、あれもこれもできるわけがありません。やりたいことが数多くあっても、ある程度の絞り込みは必要です。絞り込みの基準は、好き嫌いでいいと思います。好きなことがたくさんあるという人は、好きなことを2つは極めることができないと自分に言い聞かせて、より自分の心が湧き立つ方に絞り込むべきでしょう。

ページの先頭へ