有本隆浩の名言|成功イメージだけを持ってチャレンジし続ければ、成功するチャンスはどんどん増えていく

成功イメージだけを持ってチャレンジし続ければ、成功するチャンスはどんどん増えていく。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

どんな素晴らしいビジョンを持っていても、命がけで闘わなくては実現には至らない。

前向きで肯定的な「考え方」があれば、「熱意」が湧いてきます。その熱意が人と「対話する力」となり、人を動かすようになっていきます。前向きで肯定的な「考え方」は基本中の基本だと訴えています。

スポーツ選手は話すのが本業じゃないんです。ですから、「調子はどうですか」みたいな紋切り型の質問じゃ駄目なんです。「最高です」とか「頑張ります」といった定番の答えしか返ってきません。

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。

実は私自身が早起きを始めたのは、上司に対する「クソー、今に見てるよ」っていう思いだったんです(笑)。「あなたは会議に出ても意味ないから掃除してて」と会議に出してもらえなかったのが悔しくて、仕事ができる人になりたくて朝に勉強しようと……。すると、夜思い悩んでいたときは、上司の言い方が頭にくるとか、口の曲がり具合がいやだとか、感情が渦巻いて出口が見つけられなかったんですが、翌朝、上司に言われたことを一字一句紙に書き出してみたら、冷静に受け止められたんですね。「上司が言うのももっともだ」と。

スケジュールに追われたときは、仕事内容を箇条書きですべて書き出しています。そうすることで、作業すべきことが整理されます。仕事の全体像と進捗状況が同時に把握でき、次にやる仕事がわかるのです。

産業により特殊性や違いがあるのは当然で、赤字からの脱却にしても、業界が違えば具体策はもちろん違ってくる。しかし、どんな大組織にしても、突き詰めればすべては一人一人の意識にかかっている。

今後は、商売は縮小させ、仕事は追究していくというのが理想じゃないかな。仕事の後半戦というのは、人生の後半戦でもあります。「いい人生って何だろう?」ということも視野に入れざるを得なくなる。

当社はすべてが自社の企画商品ですから、同じものはマーケットにない。これはやっぱり大きいですね。創設当初は商品判定会というのがあり、外部のデザイナーなどで構成したアドバイザリーボードの方々や堤さんが参加していました。ここで彼らに認められなければ商品として発売できなかった。今も月に1回、アドバイザリーボードのメンバーと意見交換があります。

伝わる文章になっているか自信がなければ、誰か他の人にチェックしてもらうのが良いでしょう。書き手にしかわからない文があれば、指摘してもらえるでしょうから。

ページの先頭へ