有本隆浩の名言|失敗は経験になる

失敗してもいい。失敗は経験になる。行動しなければ失敗という経験を得ることすらできない。もちろん失敗を前提にする必要はない。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の目で見たものだから納得できる。自分で考え、目で見てきたからこそ、信憑性は教科書やマニュアルよりも高い。

平井伯昌の名言|自分の目で見たものだから納得できる


日本の人権外交を変える活動をしています。日本は潜在的な外交力を持っているのに、とくに人権はほとんど何も主張していません。そこを変えてほしいと政府に働きかけています。日本はさまざまな国に経済支援をしているので、たとえば、「自国民を殺すような政府にはODAは出せない」と言えばいいんです。これは非常に大きな圧力になる。でも、最大4万人の市民が殺されたというスリランカの虐殺において、国際調査さえ求めないなど、いまはそこまでいっていません。

土井香苗の名言|日本は潜在的な外交力を持っているのに、とくに人権はほとんど何も主張していない


北海道物産展で、1万2600円のステーキ弁当を売りました。周囲からは「高すぎて誰も買わない」と反対されましたが、いまや定番商品になりました。普段ステーキを食べ慣れた人にとっては普通の額。様々なお客様の視点を持つことが大切。

内田勝規の名言|様々なお客様の視点を持つことが大切


製品を使うことによってお客様が具体的に何がどう良くなったのか。そして、お客様の生産性向上にどう役立って、そこに働いている人たちの仕事がどう改善されたのかが求められるような時代になった。

山名昌衛の名言|どう改善されたのかが求められるような時代になった


ヤマハらしさとは、「新しいコンセプトを作る」「究極の技術に挑戦する」「デザインを重視する」という3点です。この3つによって、お客様にワクワクするような感動をお届けする。それが我々の使命であり、こうしたヤマハらしさを体現した人材がリーダーとなっていくことによって、初めてグローバルにヤマハブランドを浸透させていくことが可能になるのです。

柳弘之の名言|自社らしさとは何かを具体的にすることが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ