有本隆浩の名言|失敗は経験になる

失敗してもいい。失敗は経験になる。行動しなければ失敗という経験を得ることすらできない。もちろん失敗を前提にする必要はない。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

雑談は重要。職場の雰囲気をポジティブにして、多くの人がいきいきとアイデアを出すようになる。それこそが「雑談」のメリット。雑談の8割はムダな内容。ただし残りの2割に本音が出てくることがある。それは貴重ですよ。

自己愛の強い人は自分を過大評価する傾向が強く、ちょっとしたことで傷つき、怒りや不安を覚えます。それが他者への攻撃性に転化しやすい。また他責的で、利得に敏感であることも、モンスター化しやすい人の性格傾向といえます。

ビジネスパーソンの仕事のほとんどは、知的作業です。時間を使えばよいものができるとは限らない。であるならば、知的作業のアウトプットを一番出しやすい時間にそういった仕事をやってしまうのがもっとも効率がよいのです。

私は基本的に、仕事というのは相手に求められてこそあるものだと考えていて、記事で「自分」を語ることはありません。

相手の感情を逆撫でせずに話の腰を折るにはコツがあります。まず、一人で話させないこと。ただ聞くだけではいけません。オウム返しや言い換えで「なるほど、○○なんですね」と言って、割り込みます。それから、相手の話を整理して締めの一言を添える方法もあります。これは「△△が□□ということなんですね。さて(ちなみに)、その件なんですが……」と話を平行移動させてこちら側に引き寄せるやりかたです。

古い業界でなかなか明るい話題が少ないのですが、座して死を待つのは性格的に許せないので、私自身が先頭に立ってどんどん新しいことにチャレンジしています。

僕は弱い男です。退路を断たないと、困難に立ち向かえん。

「本当は違うのでは?」「隠されていることがあるはずだ」と疑ってみる。すると新しい発見があるし、興味が出てくる。

僕はサッカー選手として能力だけ見たら本当に凡人です。小さい頃から「世界一のサッカー選手になる」と言ってきましたけど、そのときいつも周りには自分よりうまい選手がいたので、「おまえには無理だ」と言われ続けた。だから、本田圭佑の反骨心は、もしかしたら人よりもコンプレックスとして、強い。

大切なのは、その日のストレスはその日に解決することです。趣味の時間を作る、運動する、美味しいものを食べる、早めに寝るなどして、積極的にストレスを解消する時間を持ちましょう。この「ストレス一日決算主義」を心掛けることが、心の健康を保つ秘訣です。

ページの先頭へ