林野宏の名言|継続して努力する人、情熱を持続させている人は、必ずや運がついてきて、苦境から復活する

継続して努力する人、情熱を持続させている人は、必ずや運がついてきて、苦境から復活する。

林野宏 の経歴

林野宏、りんの・ひろし。日本の経営者。クレディセゾン社長。京都生まれ。埼玉大学文理学部卒業後、西武百貨店に入社。企画室、マーケティング部、事業計画部など新規事業の創設業務部門を渡り歩く。その後、西武百貨店の系列会社、西武クレジット(現:クレディセゾン)へ転籍。取締役、常務、専務を経て社長。経済同友会副代表幹事などを務めた経営者

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

洋服を買うのはファッション業界でプロとして生きていくための自己投資だと思った。いろいろな店で飲み食いするのは、自分のセンスを磨き、仲間を増やすための授業料だと思った。若い時はお金があれば、とにかく使ったものだよ。貯めようなんて、あまり考えなかった。人間性は、そこに表れるんだ。

会社員なら、与えられた仕事を着実にこなせば、一定の給与を受け取れます。ところが、起業家は自分で目標を定め、実践し、継続しなければ売上は得られないのです。自ら動く姿勢は、起業家には不可欠でしょう。

私は画期的な扇風機のアイデアを考え、それを商品化する手段も分かっていましたが、きちんとした最終試作機を作る資金すらありませんでした。そこで私は政府や公共機関の様々な助成金制度を利用して資金を工面しようとしましたが、「GreenFan」の事業は評価してもらえず、結果は全敗。その時、特にネックになったのは販売価格でした。特によく覚えているのは、マーケティング分野の専門家として審査の場にいた審査官の発言です。「3万5000円の扇風機は絶対に売れない。技術やデザインがどうであれ、従来商品に対して価格差がありすぎる。常識の範囲を超えている。外国製ならまだしも。君はマーケティングのことを何も分かっていない」この発言に対し、「もう少し安くできるように改良します」と答えればよかったのかもしれません。ですが私は、「常識の範囲」「外国製ならまだしも」という言葉に、カチンときてしまいました。常識外の価格で売れた商品はいくらでもあるし、それがすべて外国製だということもない。いったい何の根拠があってそんなことを言うのか。そんな反論を審査官に言ってしまったのです。幸い別の形で資金は工面でき、「GreenFan」は日の目を見ることができましたが、世の中ではきっと、多くの画期的なアイデアが常識につぶされてきたと思うのです。

調子がいいときに挑戦してこそ、世間の話題にもなります。ブランドそのものが盛り上がっていきますから。

「他行に学べ、他産業に学べ」と口酸っぱく言っています。机に座って悩んでも、思案しても出てくる知恵なんかたかがしれています。そうであれば、よその銀行や企業が行っていることを聞いてくる、考え方を学んでこいということです。学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを得ようとする「謙虚さ」これも大事でしょう。

もし、あなたが『株価が25%下がったら押し目買いする』という決心ができずに、『25%押したら売ってしまおう』という致命的に誤った考えを捨てることができないようなら、あなたは株式市場で正当な利益を得ることなど、決してないだろう。よい株であるのに株価が下がっているものを、その価格で、ナンピン買いせずに、逆に売ってしまうのでは、ただの悲劇にしか過ぎない。

確固たる理念さえあれば、賛同してもらうための説得力や交渉力もおのずとついてくる。

創業者がやるなと言ったから、いまはやりません。しかし、いざとなったらやるかもしれません。そんな柔軟に考えたらいいんです。
【覚書き|スーパーやコンビニからの王将の餃子を売りたいという申し出を断っていることについて語った言葉】

異業種ばっかりの集まりですけれど、それが面白さや力になるんですわ。出会いがものごとを動かして行くことを日々実感してます。人と出会うために、生きてるんやわ、ほんと、そう思いますね。

どうしても営業先のお客様と雑談するなら、つぎの6つのネタを話しましょう。(1)自分の家族に関すること(2)自分の故郷に関すること(3)友達との付き合いのエピソード(4)趣味に関するエピソード(5)責任感を感じさせるエピソード(6)お金の使い方がわかるエピソード。これらは何でもないネタに思えるかもしれませんが、無意識に初対面の相手を信頼に足る人物かどうかを判断する材料になります。

ページの先頭へ