有本隆浩の名言|「最大の売上、最少の経費」こそが経営の本質

「最大の売上、最少の経費」こそが経営の本質。顧客が妥当だと考える範囲内で最高の値決めができれば、利益は最大になる。同時にコスト管理もしっかり行う。

有本隆浩 の経歴

有本隆浩、ありもと・たかひろ。日本の経営者。「MS-Japan」社長。大阪府出身。近畿大学商経学部卒業後、リクルートを経て28歳で日本MSセンター(のちのMS-Japan)を設立。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

他者の能力を借りなければ大きな仕事はできません。それは都市づくりだけでなく、あらゆる仕事にも共通します。ここで重要なことは、自分の中に明確な完成イメージを持っておくことです。

辻慎吾の名言|他者の能力を借りなければ大きな仕事はできない


もともと海外のサッカーに強い興味を持っていたわけでもないし、欧州でプレーしたいという夢があったわけでもない。ただ、周りが「行った方がいい」と言ってくれるから、行くべきなんだろうと。僕は厳しい環境じゃないとサボっちゃうから、マガトさん(フェリックス・マガト監督)のもとでプレーしたいと思った。

内田篤人の名言|自分を厳しい環境に置く


接待関係というのは、長期的に付き合える関係にはなりにくい。メリットのあるうちはいいが、価値がないとみなせばさっさと立ち去ってしまう。ゆえに、本当に困ったときには、頼りすることもできない。

江上治の名言|接待関係というのは、長期的に付き合える関係にはなりにくい


今後は分野を超えてノウハウを活かしていく必要があるので、意識して部門横断でコラボレーションする機会を増やしています。

青田嘉光の名言|意識して部門横断でコラボレーションする機会を増やす


至誠館では、頭で理解するだけではなく、武道を通じて心身で学び実践することを大切にしています。心と体を使って精神鍛錬をし、その成果を社会に還元していくことを目指しているのです。

荒谷卓の名言|頭で理解するだけではなく、心身で学び実践する


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ